緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

日々、やること

 文章の書き方…というか。

記事の書き方…というか。

表現方法…と言うのがいいのかな。

 

何も考えずにだーっと、キーに打ち込むというスタイルがあまりにも定着しすぎて、筋道の立ったものが書きたい(というか、その方が適切であると思える場合)にも、それができない…ということが、多々あるわけです。

 

切り替えられるのが、最も望ましい。

 

ということで、水面下で、いろいろ、勉強中…なんですが。

 

いや~。

まいったね。

 

全くもって、できるようにならんよ(笑)

 

 

論旨を立てて書く、というの。

確か………昔は、そこそこ、できてたはずなんだけど………(^_^;)

 

しかし。

「できるけど、やらない」

ということと

「できないから、やらない」

というのは、全く違うのだよ。

 

だから、できるようになることが必要だ、と思うことに関しては。

そうなるべく、地道にやる。

 

それしかない。

 

 

ある程度やって、どこかで「よし、もうここでいいか」と思えた時は、それでいいし。

手を着けもせず、「いや、だってできないもん」と言ってそれで終わる…というのは。

私は、イヤだな。

 

いや…そうやって、最初から手も着けないことを選ぶ、っていう場合も、そりゃ、ありますよ。

それは、「要らないよね、それ」って思う時ね。

要らないと思うことまで手を出す必要ないからね。

 

 

 

それにしても。

考えてみれば…こんなに、何も決めず何も考えずに最初から打ち込んで、打ち込み終わったらハイ!公開ボタン押す!

みたいなことになったのは…

 

キー入力と、考えるスピードが、一番つり合っている。

 

って事態になってから。

 

文字を書く、という「物理的に時間がかかる行為」をやっているのが、イライラするようになってしまった。

入力する速度と、思考が走って行く速度が、ほぼほぼ、一緒。

考える方が早い時も、もちろん、ある。

変換に手間取った時とかね。

でも、文字を書くほどの時間は必要ないしねえ。

特に画数の多い漢字とか。

速記文字でも知っていれば、また違ったかも知れないけれど。

 

キー入力のスピードは、ほんとに、ちょうどいい。

 

論旨を立てて記事を書く、ということを実現したいのなら。

まず、打ち込みまくったものを、後で編集する…という手順を取るしか、たぶん、ないのだろうな。

けれど、「それを前提とした打ち込み方」をするかしないか、というところで、出てきたものが大きく違ってくるんじゃないかな。

 

…と、書いていながら、今回も頭から打ち込んで、終わったところでハイ、投稿!

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。