緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【自分メモ】ブログを書く「自分理念」という話

目的が変わった→他も見直そう

ブログの目的を間違って考えてた時に作った「自分理念」が、間違ってるとわかった後にも同じままでいい…わけない。

クレドとか、ミッションとか、いろんな言い方があるけれども。

目的設定が変わったら、当然、他も見直さなくては。

なんだけど、どうも、今までの記事をざっとおさらいしてみても、自分理念を書き直したような形跡がなかった。

せっかくなので、立春前のこの時期に、それも考えてみよう…と、思った次第。

 

 

ブログを書く、ということの「自分理念」

かさこ塾の課題に、「ブログを運営していくにあたっての自分理念を作る」というのが、あった。

私は、その時はまだ、いろいろと思い違いをしていた頃でもあったのだが。

なんせ、「絵の」販売やオーダーに繋げる…というのを一番の目的だと思ってた頃だ。

いや~、ないわ~。

今はもはや、絵を商材であるとすら思ってない。

 

当時、課題として提出したのが、以下の2項目。

  1. 人は見えない世界に支えられている、ということを広く感じてもらう
  2. 自由な自己表現を楽しむ人を増やす

 

それなら、今はどうか…というと。

その件は、立春後にでも。

 

 

人の役に立つことを書きたい…という意欲が薄いのです

これに尽きるね。

ただ、そればっかりでも、やっぱり、今一つ面白みには欠けるな…と思うので、時々ブログ企画など、やってみたりするわけです。

アメブロでもやってます。

“悩み”とは何か、ズバリ特定できますか? - 緋呂の異界絵師通信

 

 

視点を変えて書いてみればよい…という理屈

言ってる意味は、わかります。

わかるけど、非常に、困難です。

昔はできた。

今は難しい。

いくつか備えていた複眼カメラが、今、ほぼ全停止中です。

自分の目と自分の視点以外の第三者設定を、別のカメラに搭載して別稼働させていました。

長らく、そういうことをやってました。

しかし、もうこの2年ほど前から、それらが機能しなくなってきて、今ではほぼ全停止。

そうなると、私本体には別の視点でものごとを記録できる機能がないので…。

自分の中にあることを、「書き方を変えて人に役立つものに料理する」ということが、ホントに、できなくなってます。

 

いやあ、もうホントに、本気で残念な仕様だな、と思います。

いつか、再起動する日が来るのかなあ~。

 

 

結局のところ、人が勝手に知らないところで汲んでくれる…というだけ

それでいいかな…という以上に、「もはや、それしかない」って感じですね。

 

 

2015-03-26の記事から

f:id:art-hiro-b:20160201231909j:plain

 『何千字 何百行と 文字重ね 虚空に遠く 沈みし小石』

  

散漫だろうが話が飛ぼうが、面白がってくださる方もいてくださったし。

(中略)

誰にともなく書いた記事。

鍵付き日記に書いてしまっておくのではなく、ネットの公共の場にながしていくことで、ほんの小さい波紋にでもなったらいいしね…程度に、思ってました。


実際に、私の書いたものを読んで、いろいろな考えに思いが巡るようになった…とか。
救われた気がした…とか。
よい気づきになった…とか。
反応して下さる方も、いらっしゃいました。

一人そういう方がいてくれれば、水面下にはもっと、いる。

 

ameblo.jp

 

 

 

絵が商材ではない、という感覚にまつわる課題

先月下旬に頭上に降ってきた一大テーマは、「結局、自分にとっての絵って何だ?」ということです。

この課題、突き詰めると…

「私にとっての神とは何だ?」っていう話になるんだよねえ。

 

まだ、今、感覚的なところにまでしか落ちてきてなくて、文章にするとヘンなので。

とりあえず、自分がいかに、こじれまくらせたツンデレ感覚を持ってるか、ってことは整理できましたよ、忌々しい。

 

ひとまず、少しずつ整理していかないと…。

 

以上、完全に自分のためのメモでございました。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。