緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

裾野が広がるということは、薄く薄く間延びして劣化もしていくということ…なんだなあ…

「絵描きを舐めんなよ、って話ですよねえ」

と、思いがけず毒舌トークが花咲いた本日。

 

絵描き仲間で、学校の先輩でもあるサワ・ローランさんの新作を拝見しに行ってきました。

 

 

▽あかり玉の冊子を差し上げてきたのですが、それ持って写メ(^^)

 後ろの馬に乗った女神の作品が、今回のサワさんの新作です。

f:id:art-hiro-b:20160127234656j:plain

 

 

 

サワさんは、Facebookで鉛筆デッサンやスケッチの画像をシェアされてて、そういうものを描くのがどうにも、億劫な私は、いつも「すごいなあ~」と思ってました。

 

今日は、それをやろうと思った理由、というのをお聞きすることができまして。

「なんと!そういう理由があったのか!」と、またまたびっくり&さらに感心。

 

さすがだよ、ちゃんとしてるよ。

 

ちょっとは見習えよ私!

 

なのに、サワさんと話してると、こっちが格下&年下なのに、どうもタメ口になっちゃうし…ホント、すみません(^_^;)

 

 

 

記事タイトルの

「裾野が広がるということは、薄く薄く間延びして劣化もしていくということ」

 

これは、残念ながら、避けられないこと…なのかも知れません。

 

むろん、私自身も、そうそうハイレベルなわけではないので。

もっともっと上の方からしたら、「薄めて劣化させてる」側の人間かも知れない。

 

けれども、私のような末席にいる者からしても、

「いやあ、それはちょっと、あんまりじゃない????」

って思えるようなことが、堂々まかり通っていたりします。

 

昨年は五輪話で、パクリってのが話題になりました。

けれど、世の中には、最初から「人から図柄をもらって描くもの」という文化の流派もあるんですよ。

上の先生が新しい図柄を発表してくれないと、新しいものを教えられない…とか。

言っちゃう先生とかね。

実際にいるんです。

 

なんか…そういうところで初めて「絵を描く」ことを覚えた人達が、さらに資格を取って教えていく…と。

 

すると、ロクに何も描けない人が、次の人に教えてる…ってことに、なる。

 

 

まあ…私も、絵描き歌的手順でやれば、誰でも龍は描けるよ、って、ワークショップしてます。

そして、それは事実です。

デッサンなんか全くできなくても、それなりに描けます。

慣れればバランスも取れてきますしね。

 

でも、それは、「とっかかり」にすぎない。

 

数稽古するうちに、自分のやり方っていうのが見えて来て、だんだんと、その手順を離れても描けるようになるものです。

 

そして…もっと、質の高いものを表現したい、という欲求が出てきた時。

 

山を描きたい。

山水を描きたい。

他の瑞獣を組み合わせたい。

人を描き込みたい。

 

そうした時は、どうするか…っていったら。

 

さすがに、ある程度の「基礎」を習得していないと不可能な表現というのが、どうしても、出てくる。

 

その時、自分が表現したいものを実現するための努力を厭わずできるか…と。

 

それがないのに、一定の「安心できる箱庭」のような固定化された様式の中に留まり続けて、そこから出ないままで小綺麗に仕上げることには長けていく。

 

小綺麗に仕上がればいい、「絵なんて描けない、と思ってたワタシが、こんなにできるようになった!」という満足感だけあればいい…と。

そういうことなら、それを「アート」と呼ばないで欲しいな…とか、ね。

 

まあ、結局、冒頭の

 

「絵描きを舐めんなよ!」

 

って、話っすよ。

 

 

 

て、主に毒舌吐いてたのは私であって、サワさんはもっと、丁寧だし上品な方です。

陰陽の、キレイなところで生きてる方…っていう感じですね。

私は、半濁エリアに住んでますんで、口も悪いし態度も悪い(笑)

 

 

 

箱庭の中であっても、描くという表現手法を純粋に楽しんでいる人達のことをdisるつもりはありませんので。

「私のことですか?」とか「ごめんなさい」とかいう反応はご遠慮ください。

楽しめることがある、というのは、素晴らしいことです。

手軽にできて満足度が高いなら、なお素晴らしいです。

どんどんやりましょう。

 

 

 

女神という響きがヘンに感じないサワさんのブログはこちら。

ameblo.jp

 

 

 

画集と大天使カードのご購入はバナーをクリック!別ウインドウで開きます。

緋呂画集 異界絵巻~神仏天使と神獣達 販売ページへ 画集販売ページへGO!

 

大天使スピリットカード 販売ページへ カード販売ページへGO!

 

こちらもよろしく!

あかり玉サイトへ あかり玉専用サイトへGO!

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。