緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

自分という「何兆もの細胞が乗り合わせた船」を動かす…

お正月だけど、そんなに景気のいい記事が書けそうもないので、見に来てくださる方にはやや、心苦しいような。

 

特に落ち込んでいるということはないのだけども。

実のところ、正月って、私はあんまり得意な時期じゃないのだ…昔から。

というか、盆暮れ正月…という、人の(特に親戚筋)の集まるイベントがある時は、苦手で。

今もそう。

集まる面々は違っても、なんか苦手。

 

 

正月になると体調が落ちる…っていうことも、よくあった。

この数年はどうにか、それは回避できてきたけど。

たぶん、それは、「親戚」のメンバー構成が変わってきたからだと思う。

あと、食べるモノね。

重いモノが多いからね…すき焼きとか。

今日は図らずも2晩連続ですき焼きになっちゃったので、ヤバイ。

明日は胸焼けかも。

断ろうにも断れない血縁のしがらみって、ほんと、厳しいよ…と思う。

 

 

ここんとこ…これは、確か12月の半ばくらいからだったかな…

なんか、語り疲れというか。

いろいろ、なんかウザイなと思える…なんか妙に神経に障る、そんなことが増えてきていて。

 

書く内容とか、書き方とかも「こんな書き方をするのが、自分のしたいことかなあ」って後から感じる…っていうことが、増えておりまして。

 

いや、書く時はどんどん、勝手に進むのだけども。

 

だから、余計…というか。

 

「いや、これ、なんか違うな」

って、思うのです。

 

 

 

 

今日、国府宮神社で引いたおみくじ。

旗印と、大義名分。

これ、私が自分自身というメンドクサイ船を動かすにも、必要だな~と。

f:id:art-hiro-b:20160102212831j:plain


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。