緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

いろいろダメでもいいじゃないの。ダメなところが全てじゃないよ!

倉庫状態になってた和室が、かなり、片付きました。

といっても、おそらく、多くの人にとって「掃除前」の部屋だと認識されるのではないか…というテイタラクです。

自分でも、「だから~、せめて、これくらいの状態で留めるようにしていれば、大掃除で<あ、キレイになったじゃん>というところに持ち込めるのにねえ」と、呆れる次第。

 

明日は半日しかないな~。

午後から、大祓に行くので。

 

まあ、パソコン机と、その横のサブ机周辺を片付けて、玄関を片付けて。

それで年内はオシマイですね。

 

 

 

夕方、ふと窓の外に目を向けたら、カーポートの屋根のアーチでキレイに夕焼けが切り取られてました。

どうってことない風景だけど、そのどうってことなさが、いいのだ。

f:id:art-hiro-b:20151230195113j:plain

 

 

 

ダンナさんが、私の仕事場を建ててくれるらしいです。

たぶん、ほぼセルフビルドのつもりだと思います。

同僚というか同業者で友人の職人さんに、すっごく器用で何でも作れる人がいて。

その方に手伝ってもらう予定らしいです。

 

その話は、前から聞いてたけど、私は「倉庫」を作るんだと思ってました。

額とか道具とか、いろいろたくさんあるから、それを収納するための倉庫小屋だと思ってた。

 

が、どうも、その部屋の中に机置いてエアコンもつけて、中で作業できるような仕様と大きさにする予定らしいです。

 

田舎のよいところで、場所はあるんだよね。

 

最近少し流行してきてるように見える、コンテナハウスみたいなのもいいな~って思う。

 

ありがたーく、作ってもらうのを待ちます(^^)

(ちなみに、「もう一回降ってきてほしい」と思ってるのは、それとはまた別の話。私ゃ、そこんとこは強欲です)

 

 

思うんだけどね。

あれが出来ないからダメ、これも出来ないから、ホントにダメ。

ダメダメ、あれもこれもダメ…だから自分って、ダメ!

 

そんな風に、思い込んじゃうと、本当に「何もかもがダメに、なっていく」んです。

 

実際はそんなことはないのに。

自分で、どんどん、ダメな方に追い込んでいってしまう。

で、「ああ、自分はダメなんだ!」って、さらに思ってしまう。

 

 

でもさ。

人間って、一人の中にいろんな面があるんですよ。

いろんなことができる。

得意なことも、不得意なこともある。

最初から出来ちゃうこともあれば、どうやってやっても出来ないこともある。

 

出来ない一面だけを、ひたすら、見続けるとね。

それが、自分の全てにように、思えてきてしまうんですよ。

 

でも、そうじゃないの。

 

だから、ちょっと目立つ「ダメ」があったって、別にいいんだよ。

そこしか見ないでダメダメ言う人とは、つきあわなくてもいいの。

違うところを見てくれる人は、必ずいるから。

 

 

 

 

うちなんて。

ダンナの方がよっぽど、スピリチュアル道の王道行ってるよ。

 

夢には観音様やら、宝船に乗った吉祥天やら出てくるし。

そんな夢一回も見たことないよ~。

 

そんなダンナさんは梵字を書く人です。

前に作ったのは、こんなの。

f:id:art-hiro-b:20151230201212j:plain

黒枠は、額縁です。

枠だけ使って、下は手作りの木箱。

その中に、苔をつめて、石に梵字を書いたのを散らしてます。

 

 

 

このアイキャッチ用画像の背景に使ったのも、ダンナ書。

なんかお経が書いてあるらしいよ、私は読めんけど(笑)

f:id:art-hiro-b:20151230202140j:plain

 

 

 

まあ、とにかく。

 

一つのことがダメだからって、全部をダメと決めないで。

自分がそう決めちゃったら、そうなるしかなくなってしまうよ。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。