緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ミニ画集 再びやり直し

f:id:art-hiro-b:20151210155242j:plain

 

先日作り直しました、ミニ画集。

1冊だけ注文して、それが届きました。

 

 

が…再び、やり直しです。

 

この企画の狙いは…

・手頃な価格で、作品カタログ的に持ってもらいたい

・在庫を持たない受注生産にしたいので、発注~到着までは早いほうがよい

・安価とは言っても簡易画集としてそれなりの仕上がりが望ましい

と、いうことでした。

データは一回作れば、次回からは再版という形でボタン一つでの発注を想定しました。

 

 

 

 

前回までの経緯は、こちら。

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

【前回の問題点】

・画像が全体に、かなりの赤被り

・本文フォントのサイズがデカすぎて許せない

 

【良かった点】

・仕様、紙質はコストパフォーマンス高い

・価格、安い!

・納期が早い

 

 

で…新たに発注し直して。

届いたモノを見ての結果は?!

 

【よかった点】

・フォントのサイズ

 

【不満足な点】

・価格のわりに安っぽい

・発注してから時間がかかる

 

 

一番の問題は、コストパフォーマンス。

前のサービスの方が、明らかに、手に取った時の感触が「画集っぽい」です。

前回は無線とじ+表紙カバー仕様。

今回のは単なる中綴じ。

それだけでも、全然違うのだけど。

 

今回のは、前の「無線とじ+表紙カバー仕様」の価格の、なんと3倍以上。

 

 

いやいやいやいや…

ダメだよ、ダメ。

 

 

結果。

前に発注したサービスをもう一回試すことにしました。

 

文字をね、画像に入れ込みたくなかったんだよね。

できれば、パキッと、実寸で打ち出したフォントで出したかったの。

でも。

前のサービスは、フォントのサイズが変更できないので、本文もキャプションもコミの一枚画像を作って、それで発注してみます。

 

それで、結果が許容範囲になれば。

最初の想定の通り、安価に販売できるようになります。

 

で、次回の<弐>やら、なんやらかんやらも、その作り方で続刊すればいい。

 

 

まあ、文章中心の読み物本を作るとしたら、またちょっと話は変わってくるかもだけどね。

 

 

ついでに、サービス側に、フォントの調整ができる仕様にしてほしい、って要望出しておきます。

 

ということで、再度データ作り直しじゃ!

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。