緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ウリ

弱気になる。
凹む。
落ちることもある。
八つ当たりもしたくなる。
ちゃぶ台ひっくり返したくなることもある。

 

けど。


それを、何かの正当化の材料にするかどうかってのは、自分で選べる。

 

過去に痛い目にあったことを看板にして、そこに注目してもらおうとするのは、確かにある意味カンタンに関心を引けるけれども。

その看板に気を引かれる人達がどういう人達なのか…ってのを考えれば、それを売ることでは得しない。

 

 

ここまでたどってきた道筋を開示することと、痛い目にあってきたことをウリにするのって。

なんか、違う。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。