緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「死を想え」

f:id:art-hiro-b:20150804230030j:plain

この画像は、かさこ塾の最終回(それ以外にも度々登場するが)の、最後の方に流れたスライドの一枚。

東日本大震災後の光景。

 

さっきまで元気にしてた人が、もう、いない。

死は、どんな人間にも平等にやってくる。

突然の場合もあれば、あらかじめ予告がある場合もある…が、結局、「いつなのか」は、その時まではわからないというのは、同じだ。

 

 

お会いしたことは一回しかないけれど。

ほんの2ヶ月ほど前に壇上で話をされていた方が、突然亡くなったという話を聞いた。

「袖すり合うも多生の縁」みたいな、ほんとに「かすめた」感じの立場ではあったけど、大好きな人が飛躍するきっかけになった方でもあって、たまたま亡くなったばかりの日にその情報を聞いたというのも、「袖すり合うも……」的なタイミング。

 

どんな業績を残しても。

どんなに、これからの展望があっても。

どんなに、必要とされていても。

 

その時ってのは、来る時は来る。

 

 

 

できなかったらカッコ悪い、とか。

失敗したらどうしよう、とか。

グズグズ言ってる場合じゃない。

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。