緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

まずは「軽い諦め」の話@癒しの市

前回の続きなので、まず前の記事からどうぞ。

 

 

重要な「自分内回答」は、もう少し後に回すとして。

 

関係者のみなさんからは「はぁ?今ソコ?!」って思われるのかな、という件について書いておく。

 

 

ミコさんが、なにげなく

 

「緋呂さんは完全に右脳に支配された人だよね」

 

と、口にした。

 

私、その瞬間は、「ぽかーん」でした。

 

 

5年くらい前までは…少なくともまだ天使描いてた頃までは。

私は圧倒的左脳優位人間でした。

 

でも、特にここ1年くらいのうちに、左脳の機能が低下してる…というか、奥に引っ込んで、バックグラウンドでしか動かないみたいな感じになってきたな…とは、思ってました。

 

でも、それでも、まだまだ、左脳が強いのかなと思ってました。

 

ええ、大まじめに、そう思ってました。

 

 

どうやら、違うらしいです。

 

右脳に支配されてる、って聞いた時はポカーンとなったけど。

 

後からじわじわくる「…あれ? そうなのかも???」な実感。

 

 

ああ、もういいや、どうだって。

どっちにしたって、両方生きてるから人間やってられてるんだし。

絵描きだから、右脳優位の方がいい(ハズ)だし。

 

 

5年くらい前までの、あの記憶力とか…ホント、一体どこにいっちゃったんだろう…(^_^;)

 

記憶が弱い友人に「まあ、話しの内容は私が覚えてるからアンタは忘れても問題ないよ」とか、普通に言ってたのと同一人物とは…我ながら呆れる。

そして、実際、あの頃は、ほぼほぼ書き起こしができるくらい、話の内容はバッチリと覚えていたものなんだけど…

日付の記憶とかも、バッチリだったんだけど…

 

今や。

マトモにスケジュール記入もできてなかったり。

1時間前の会話も、あんまり細かく思い出せなかったり。

半年前の出来事を何年も前のことだと思ってたり。

 

ヤバイよ、認知症始まってないか?!って思うような、この脳弱っぷり(^_^;)

 

 

いや、それが「右脳優位」のせいだとは、言いません。

そんなわけはない。

 

ただ、理屈の組み立てがホント、できなくなったな…というのは、自分でも実感してる。

 

 

NLPのVAKタイプも、以前は圧倒的に聴覚タイプだったのに。

今は、体感優位で次が視覚?みたいな感じになってるし。

 

ああもう…どうせなら、もっとガーンと、めいっぱい、針が振り切れるくらい極端にいっちゃいたい。

 

それこそ、もっと破軍の要素を出せるように破れるといいのかもね。

 

 

 

そんな、まずは軽い諦めに到達した件。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。