緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

細切れ時間が苦手…その実態

細切れの時間が苦手なんです。

まとまった時間が取れないと、なかなか、アレコレやる気になれない。

 

 

なーんて、たびたび言ったり書いたりしてきたのですがね。

最近になって、その「細切れが苦手」の実態がわかってきました。

 

私の苦手な「細切れの時間」とは。

 

「一つのことに費やせる時間が細切れになる」

…ではなく。

 

「出かける用事が中途半端にあって、自宅(または仕事場)籠もりを決め込める時間が細切れになる」

…でした。

 

 

 

一つのことに集中力が続かない私は、いくつもの種類のことをいっぺんに、進めてたりします。

 塗装を始めた…1時間後には、サイトの修正をやってる…その30分後にはブログ書いてる…20分後にはマンガ読んでる…と。

いつも、そんな感じ。

 

その時始めたコトに、気分がノリノリになれば。

そのまま、勢いで数時間没頭…ってことは、あります。

絶好調の時はぶっ通しで丸一日やってる…なんてことも、起こります。

 

でも、たいていは、一つのことに取り組んでる時間は、そんなに長くない。

 

ただ、その「没入具合」がその時になってみないとわからないので、「継続できる最大時間が短い」と、イヤなんですよ。

 

 

ということで。

細切れの時間が苦手だ、という表現は、以後慎みます。

 

だからどーした、っていう呟きでした~!

 

こんなコト書いてわざわざUPして、何の意味が?とか思わないところはスゴイと我ながら思うよ(笑)


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。