緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「認められること」 に執着しすぎな人へ・・・

認められる、ということは、そんなに必要なことなのか?

そんなに、重要なことなのか?

 

認めさせる、ということは、そんなに必要なことなのか?

そんなに、重要なことなのか?

 

みんなが、それが重要だ、そこに全ての原因があるんだ…みたいなことを言うから。

なんか、そんな気になってる。

 

そういう可能性はないのか?

 

 

 

そうか、認められないと自分を受け入れられないんだ!

そうか、自分を受け入れられないのは、認められたいのが満たされてないからなんだ!

 

…っていう、「問題のすげ替え」なんじゃないのか?

そういう可能性は、ないか?

 

 

イコールで結びつけられた項目は、本当にイコールなのか。

 

プリンに醤油かけたらウニの味!

みたいな、話だったりしないか?

 

 

 

認められたい、ということが重要なのは、構わない。

 

認められないことを「カワイソウ」がるのが、腑に落ちないだけ。

それが満たされないと動けないよね、っていう理屈に甘んじることが、腑に落ちないだけ。

 

今は動きたくない。

それが自分の気持ちなら、単に「動きたくねえんだよ」でいいのに。

もともと別の問題のハズのことをくっつけて、それが「真実」みたいに、両者を切り離そうとしない風潮がイヤだ。

 

 

動きたくない、っていうのを「言えない」のはなぜだ?

動きたくないことを正当化する必要があるのは、なぜ?

 

好きなことをやろう。

やりたいことをやろう。

って、言ってるのに。

 

動かないでいることが、やりたいなら、そんでいいじゃん。

 

 

 

で。

そう言われて、どう思うのか。

その結果、どうするのか。

 

自分で吟味してね。

 

f:id:art-hiro-b:20151129133123j:plain

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。