緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

それ自体が奇蹟

平面の絵がずっと不調…という件、度々書いてますが。

 

ああ、なるほどね、っていうことに思い至りました。

 

それが何か、ってことは書きませんけども。

(なら、そもそも書くなってか)

 

 

「今、描くことを選んでること自体が奇蹟」

 

ってのを、改めて、自分でもちゃんと、意識するようにしようかなと。

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

余分なこと考えるからイカンのだ。

 

頭が痛くて、あんまりモノゴトが考えられない&考えたくない時ばかり、なんかそういうコトが浮かんでくるよなあ。

 

 

画像は、あかり玉に至る過程でつくってた、和紙とう陶器のランプシェード。

こういうスタイルのも、まだまだ、考えていきますよ。

これは、和紙に焼き絵するタイプなので、私にとってもすごく、好きな作り方です。

f:id:art-hiro-b:20150422235724j:plain

「一つの型から量産する」やり方には、なかなか、頭が働かない…

どうしても一点モノをつくることに偏る。

でも、常に、そういう方向にも発想を拡げていくように…これはもう、日々のトレーニングしかないしね。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。