緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

手の中の灯火で照らせる範囲。それが、私の現実世界

あかり玉冊子と、あかり玉専用サイトの制作を交互にやってた、この2日間。

冊子は大詰めで、あとちょっと。

先に、印刷屋に発注だけ済ませました。

印刷部数をどうするか…と、考えて。

200も発注しちゃったよ。

だって、100刷るのと200とで、650円くらいしか値段の差がなかったんだもん。

印刷って、そういうもの。

オタク活動やってた頃も、部数にはホント、悩まされたよ…。

あの頃はページ数も多かったから、けっこうな金額になったしねえ。

今からじゃ考えられない印刷代金だったです。

通販印刷普及のおかげで、ホントに、安くできるようになりましたよ。

フルカラーの冊子をこんな価格で印刷してもらえるなんてね~。

 

 

そして、専用サイトも、そこそこできてきてます。

冊子の内容をWeb用に組み立て直して、ギャラリーページと通販に必要なページを足して…っていう感じで、原稿はどちらも共通なので一気に作るのはラクでよかったです。

冊子を配布する日までに、独自ドメインが通るように設定します。

こちらでご案内するのは、その後ということで。

 

 

近況は、そんな感じなのですが…。

 

どうも、いろんな事柄を経て、ただいま「ネット離れ」な気分が続いてます。

 

ブログに主張を延々と書くのも、なんだかメンドクサイし。

他の人の記事やFacebookなんかを見るのも、メンドクサイ。

 

そんなことしてるなら、漫喫にでも籠もって好きなコミック読んでた方がずっと幸せ。

 

なんか、そんな気分です。

 

 

アレも、コレも、「くだらねえ…」みたいに、思えております。

 

 

 

電波の彼方からのエコーみたいな、アレコレより。

私ゃ、自分の手を動かして、届けることができる人に届けられるべきものを作る方が、ずっといいよ。

 

実体があるような、ないような…なのに感情を逆なでることだけは威力を発揮する。

そんなものに時間もエネルギーも浪費するくらいなら、何も情報なんて仕入れなくていいじゃん。

 

そんな極端な感覚にも、なってくる。

 

自分の手に合った道具が見つかっていて。

それが手元にあって。

材料もあって。

 

それをカタチにすること以上に大事なことなんて。

少なくとも、それは私がやらなきゃ、誰もしないしできないことだ。

 

f:id:art-hiro-b:20151116220935j:plain

 

 

 

今日、とある方の投稿についた、「祈り」っていうものについてのコメントを見て、それについての記事を書こうと思った。

書き始めてしばらくしたところで、猛烈に、バカバカしくなってしまって、全部消したの。

 

その時に、「なんかもう、ホントに、アホくさい」って、今までになく、しみじみと、感じてしまった。

 

 

私が天使崇拝の世界から「ああもう、ホントにもう、こんなところにいられない」って実感したのは、311福島原発事故の直後だった。

あの頃、天使系スピの人達の中で発言力のある人が、あまりにも馬鹿げたことを言っていて。

その馬鹿げたことを、こぞってコピーして拡散しまくる人達がいて。

 

私の描いている天使は、「その業界」で言われる天使と同じ名前だったりするかも知れないけど、どう考えても別の存在だとしか、思えなかった。

 

 

今は、あの時ほどのヒドイ厭世観は、やってきてないけれども。

案外、自分自身の感覚としては、かなり近いところに、きてるかも知れない。

 

 

自分の現実は、自分の手元にある、道具や材料と、そこからこの世界に生まれ出てくるモノたちで十分だ。

今の私には、アッチもコッチも、アレもコレも、小さな窓から見える景色と大差ない。

誰が何をやってようと、何を言ってようと、勝手にしたらいい。

 

 

私は、手の中にある灯火が照らせる範囲で、十分。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。