緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

言葉にできない奥底からの「異議あり」は、封鎖ではなく保留して、とりあえず動いておこう

「うん、それは、もっともだ」

と、納得はできる。

けれど、腑に落ちない。

 

そんなことが、時々、起こる。

 

 

そういう時って、たいてい、自分の表層の意識は理屈としてそこに「ある種の正解」とか「一面の正しさ」とかを、認めていて。

代替え案も特になくて。

自分の考えとも、大きな乖離はなくて。

うん、いいんじゃない、それで。

…と、思う。

 

けれど、もっと奥の方で、言語にできないところで、「異議あり~」と、声が上がっている。

 

そんな感じ。

 

 

 

それでも、表層の方で「いいんじゃない」と一応の回答を出しているところまでいっているので。

やらないよりは、やった方がよいので。

それを凌駕する代替え案が出てこないのならば、GOの方向へと動く。

 

奥底の「異議あり~」は、ひとまず、保留。

その声を封鎖するのではなくて、受け取りつつ保留する。

 

 

そうすると。

 

ある時、思いがけない瞬間に。

 

異議あり~」と挙手をしていた、その理由や、根拠や、感情などが、わかる時がある。

 

 

だから、なんとなく腑に落ちない…ということでも。

いったんは、やってみる。

 

それは、必要だと思う。

 

やってみれば、何らかの答えは出る時が来る。

 

やってみなければ、それすらもわからないままだ。

 

だから、言葉にできない奥底からの「異議あり」は、封鎖ではなく保留して、とりあえず動いておこう。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。