緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「自分ができる当たり前は、実はすごい価値のあることだったブレスト」っていい…と思った話

 下の引用は、埼玉の浅見 裕さんがFacebookでコメントされていたお言葉。 

であれば、自分のできることリストを作って、コミュニティの違う2,3人の知り合いと、「宮原さんができる当たり前は、実はすごい価値のあることだったブレスト」を行ってはどうでしょう!

 

azamixx.exblog.jp

 

上のリンクをFBにシェアされ、そこについたコメントへの浅見さんからの返信が、冒頭の引用文。

 

 

これね。

本当に、「自分のアタリマエは他人の驚き」っての、自分ではわかんないのですよ。

 

きっと、みなさんも、一つや二つや三つや四つ、出てくると思います。

 

 

人のことなら、それこそアタリマエのように

「そんなの、誰でもできるわけないじゃん!」

って、思うんですよ。

 

けど、人に「えっ?!」って言われても、「いや、こんなの誰でもできるよ」とか、普通に思うわけです。

 

でも、そんなわけないのです。

 

鉛筆で線を一本引く…という行為だけでも、万人が違う線を引くのです。

 

 

自分なんて、何の取り柄もないし…

 

って思っている方だって、そんなことはないわけですよ。

気がついてないだけ。

 

 

だから、こういうブレストは、いいと思う。

 

まあ…実際やろうとすると、「できることリスト」の段階でつまづく…という確率も高いのだけどね~。

なにしろ「できること」だと認識していないってことが、多いですから。

一般的に、多くの人はそうですから。

だから、他の人との意見交換が、大事なんだよね~。

 

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。