緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

検証:もし自分が絵描きでなかったら

やってみた、その検証。

「もし、絵描き道に戻らず、絵描きを選ばなかったら、どうなっていたか」

 

結論:問いが無意味

理由:戻らない選択はあり得ないから。

 

もし~の検証にはまったくなっていませんが(笑)

どういうルートを想定しても、結局、首根っこに溶接されてるフックを外すことはできないし、それを稼働させない想定もできない…という結論に至りました。

 

 

 

「今、もう一度この道を外れることを選ぶとしたら、その先はどこに向かう?」

といった想定もしてみたけど。

無理。

表現手法は変わるかも知れないけど…っていうか、変わらないっていうことも考えられないけど…結局やることは一緒だから。

 

 

自宅にいると、どうしても、ダラダラごろごろして過ごしがちになってしまうけど。

ここから先の時間は、ここまでの時間よりもずっと、少ないはずなんだよね。

もう半世紀生きようとしてますからね。

ここまで生きてこられたのは、ラッキーだしね。

 

半世紀目の節目まで、あと二週間くらいなんだけど。

この後って、いろんな意味で、「ある時突然、この人生が終わる」という確率は今までよりもずっと高くなる。

 

若い頃からすごい低血圧だったから、今もそうだと思ってたけど。

どうも、なんか変わったらしい…とかね。

そゆのも、あるしね。

更年期に入ると、急激に血圧が上がることがあるらしいね。

まあ、普通に高血圧症になってきたのかも知れないけども。

とにかく、そういう肉体的リスクのことは、若い頃よりもずっと、高くなってきてるわけだし。

 

目のこともある。

今はまだ、なんとか、細かいことできてるけども。

これも、最近になって右側の見え具合が妙に悪くなってきたし。

もちろん、老眼も免れないだろうし。

 

そうなると。

動けても、制作に費やせる力は限られてくるってことも、十分に可能性としてある。

 

 

そうは言っても、たとえどんなに全力投球して過ごしたとしても、イザという時には「もっとやっとけばよかった」って、多分、思うだろう。

ま、その時はその時。

だけど、どう考えても明らかに「やってこなかったね」という日々を過ごしていくのも、どうかと思う。

 

ああ…これは私のことなんで。

日々平穏に、のんびりダラダラと、飼い猫的に一生を送るんだ!っていう方は、どうぞそのままで。

それも素敵な人生だと思います(^^)

(ていうか、基本そうやって過ごしたい願望が強いので、それっていいな…と普通に思うよ…)

 

 

 

セルフマガジンを改編する前に、ランプの専用サイトとかも設定しなきゃだし。

ブログのタイトルも要再考だし。

名刺も作り直したいし。

まだまだ勉強すること、いっぱいあるし。

 

 

そして、たぶん、平面の絵も、もうすぐ手元に戻ってくる…ように思う。

 

 

まあ、がんばりますよ。

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。