緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

試行錯誤

f:id:art-hiro-b:20151016231621j:plain

今日できあがった新しいひょうたんランプに点灯。

全体像は、またオープンにはしないので、部分のみトリミングしてみた。

 

 

ダンナに見せながら、次に作るモノとか、今後改良したい部材などについて話し会う。

 

大きくて厚みもあった、今回のひょうたん。

前回作ったものを今触ると、その大きさの違いや厚みの違い、表皮の質感の違いなどが、すごくよくわかる。

 

植物だ。

生き物だ。

ひとつひとつ、全部、違う。

同じものは、一つもない。

 

工場で作れる商品との違いは、そういうところ。

 

 

 

この1年ほど、販売について指導してもらってきて。

自分の手を使わずに世に出せるものを…つまり、他の人なり機械なりに作ってもらえるものを、というのが、大きな課題だった。

 

でも。

 

結局、いきついたところは、一つ一つ手で作るモノ。

 

再び、手作り一点物に、戻って来てしまった。

 

 

もちろん、そうでない品の模索も、続けていくのだけどもね。

 

 

そして、11/2までの作品展が終わったら、ろくろの練習をしようと思うのであった。

なぜなら、陶器のランプシェードを作りたいのだけど、思ってる形状にするには、ろくろ使いになる必要があるので。

 

ろくろを使わない成形の仕方でも、できるデザインはあるのだけども。

使えるようになっておいたほうが選択肢が広がるから。

 

電球のこと…というか、熱のことも考えないといけない。

熱のこと優先にするならば、LEDを使う方が安全。

しかし、光の拡散が、電球のようにはいかない。

陶器の方が、熱の面では安全。

植物のあたたかみは、ひょうたんに軍配。

熱に弱い……LDEにした方が安全……光の拡散が………

 

いろいろ、悩むところだ。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。