緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ガメラ新作がやってくるらしい!

来るの? 来ちゃうの?! マジで?!

 

 

 

 私はゴジラよりも俄然、ガメラ派なの。

まあ、そうは言っても、古いのはあんまり見てなくて。

好きなのは平成ガメラシリーズ。

 

その続編らしき予告がYouTubeに~。

 

平成ガメラは、「守るために戦った者がもたらした破壊と殺戮による悲劇」の視点が強くて、だから好きだったりするのだ。

この予告を見る限り、それが受け継がれている。

 

ガメラはもとから神として描かれてるけど。

荒魂だよねえ。

 

 

2014年のハリウッド版ゴジラでは、ちらっと、ゴジラと主人公とが視線を交わしたかのような描写があって、私はそれが気に入らなかった。

ゴジラは、人間なんか視界にいれなくてもいいんだよ!

って、感じたので。

それ、封切り日に見に行って、すぐ記事書いてます。

そうえいば、先日テレビで一般放送されましたね~。

 

感想記事を引用します。

 

謎を追う、調べる、追求…というか、追っかけする。
しかし、邂逅後は、ただただ見上げるのみ。

それが、神だ。
神との付き合い方。

 

なんか、ビミョーに、ゴジラと人間の間に交流めいたものがあって、そこらへんがちょっと「うーん」って思った時に、そういうことがわかったの。

ゴジラはそんなことしなくていいんだよ。
神として、超然と、やることやってただ去るだけでいい。

人間に呼ばれてやってくるのはモスラガメラに任しとけばいいよ。

一個人と目を合わせたりとかも、しなくていいよ。

 

(これはたぶん、いろいろと平素感じている<あれ>や<これ>に対する消化不良感覚とか、不満足感とか、不可思議感とか…諸般の投影であろう…)

(なーんて、そんなことをイチイチ分析してしまう自分も、時にクソめんどくさくてウザったいわけで、そういうのも有無を言わせず踏みつぶしてしまいたい願望…)

(ああもう、ウザイ、やめておこう)

 

ameblo.jp

 

なんか、ぶつぶつ書いてるところが、今またグタグタ言ってることと被ってて、なんて進歩しないヤツだ自分…とか思っちゃいますね。

笑えます。

 

 

 

ガメラは、平成シリーズの3作目『邪神イリス』の時に、玄武という位置づけをされてることが描かれてました。

ハッキリ、「神」という設定であることがわかるわけですけど。

まあ、そりゃあ亀だし…玄武にあてはめるのが順当だとは思いますが。

ちょいと、安直かな…という気はしますね。

 

そういうことを考えるのが、そもそも「わかりやすさ重視」発想じゃないからなのかも知れませんが。

(いや、この手の映画がわかりやすさを重視しないなんて、あり得ないんだけどね)

 

 

 

なんにしても。

かなり、楽しみ。

ハリウッドクラスのカネのかけかたは無理かもだけど、平成シリーズはイイ具合に仕上げてたからね。

 

 

 

 

 

カタツムリの触覚のような角の「龍」…というイメージが沸いてラクガキしたヤツ。

f:id:art-hiro-b:20151011011042j:plain

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。