緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

なんてことない駄文

刀、というものは、何かを斬るためにある。

眺められるために在るのではない。

 

 

時代的、文化的に、もはや「実用」することが現実的ではなくなったから、眺められるものになった。

 

いや、実用の時代においても、特定の地位や役割の象徴として作られることもある。

けれど、それでもやっぱり、それは「斬るため」に存在するものだ。

 

楽器は奏でられるために。

筆は描かれるために。

器は盛られるために。

 

道具は、使われるために作られ、そのために在る。

 

 

 

そんなことが、頻繁に、頭に浮かんでくる昨今。

 

なんだかよくわからないけど…

 

現実から、少し、遊離しているような感覚が、どうしても、末端に居座って離れない。

 

 

平面の絵の感覚が一向に戻って来ないことと関係あるのか。

…なーんてことは、考えてないけれども。

 

なんか、おかしいな~って。

 

 

下ろしてるはずの碇が、微妙に軽い。

 

植えたはずの苗が、微妙に浮いてる。

 

なんか、そういう感じ。

 

 

自分の質量の数割が、どこかに出ていっちゃってるみたいで、ちょっと居心地悪い。

なんだろね~。

 

まあいいけど。

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。