緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

使いたいところで機能しない「自分の特性」は、どうしたらいいのだ?

ほっといたら左脳しか使わない。

たぶん、私って、もとはそういうヤツ。

 

だから、どうしても右脳を使わなきゃならないことが仕事で来た。

 

というか、そういうことを選んじゃった。

 

 

「生年月日も選んで生まれる」という説。

それについて、以前、こういう見解に至った。

 

天がその配置になった時に生まれたから、こういう青写真なんだよ…って言われると「はぁ(-"-;)???」って思うけど…

こういう青写真を持って生まれるために、天がその配置になった時を選んだのだよ…と言われたら「なるほどね」と(笑)

青写真|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

 

結局言ってることは一緒なんだけども、どこから見るかというのを替えると納得感が出た、という話。

 

 

今日も、誕生日を元にして算出する「占い」の話をしてて。

 

私の持っている星を見ると、とにかく、「理屈」「分析」「論理」「解明」「多角的」「再構築」…と、これでもかと書かれていた。

たった3行しかない解説の中に、何度「分析」という単語が出てきてるか。

そりゃもう、呆れるくらい。

 

 

なのに私は、自分の絵を「解説」も「分析」も、することができない。

自分のだけでなく、そもそもが「絵」とか「作品」を解説や分析することが、できない。

 

 

そこにどういう意匠が描かれているとか、だからここに込められた意味はなんだとか。

それこそ、タロットカードなどの「絵解き解説」に出てくるような、理屈で解説していくこと。

それが、なぜか、全くできない。

(だからタロットも覚えられない…?と思ったけど、多分それはまた別の話だと思う)

 

他の人が…特にスピリチュアルアートの人が見事に自作を説明している様子を見て、ホント「すげー!」と、いつも感心するんだけど。

どうしてこうまで、これでもかと出てくるその「強い能力」ってのが、このジャンルになると全く働かなくなるのか、ホントに不思議だ。

 

回路が断たれてるか、絶縁されてるんじゃないのかと思うくらい。

そんな風に、何かの責任にしたくなるくらい、全く機能しない。

 

 

描いている時に理解できてなくても、後でそれを「引いて見た」時に解説が浮かんでくるなら、それで良いんだけども。

それもない。

筆を置いたら、後は、自分の作品ではあっても「独立した個の存在」としてしか認識できなくなるんだけども。

そうなっても、解説はできない。

 

なんたる不自由。

 

コンセプトの説明? なにそれ?

描きこんだシンボルの意味? なにそれ?

 

で、とうとう、そういう試みはすっぱりあきらめた。

 

でも、「自分がそこに込めた価値」を、自分の言葉で表現しなきゃならない、という状況は、依然としてある。

 

色の意味だとかシンボルの意味だとか、そんなことは、まあいいとしても。

自分が、そこに、何を持たせたのか、ということ。

バックボーンにあるもの。

それは、人に伝えられるようにしなきゃならない。

 

自分の深層意識の解説?!

絵の意匠よりも、更にハードルが上がってるじゃん(^_^;)

 

 

描いてる時は、ホント、何も考えてない。

何をここに描こう…とか、何色を使おう…とか。

そんなのも、考えてない。

一般的に「剣」は力を表すから、ここでは剣を持たせよう…とか。

そんな作り方は、もう一切してない。

 

出てくるまんま。

 

だから、一般的には「剣使い」とは言われてないはずの神様がゴッツイ刀を持って出てきたりも、平気でする。

 

 

なぜそうしたか…とか、聞かれても、ホント、困るわけ。

知らないもん、自分だって。

 

 

分析、解析、解明。

その「持って生まれた特性」を、このジャンルでも使えるようになるためには、何を訓練したらいいんだろうかね。

他のことでは、その特性は自分でも十分に自覚できるのに。

肝心なところで使えないってのは、ホント、どういう制限なんだろうか。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。