緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【滋賀県】竹生島/宝厳寺・都須夫麻神社

行ってきましたよ、竹生島

もうほんと。

どんだけ?っていうくらいの怒濤の地名登場…今進んでることが琵琶湖絡みだということ&福井側からも名指しでお名前ご登場…ということで、急遽行ってきました。

 

ここはパワスポ好きな人には有名のようですが、私は一昨年あたりに周辺にいる人からチラホラ名前が出始めるまで知らなかったです。

 

https://instagram.com/p/657Ey0JiUf/

長浜港から。右下にうっすらと、大仏さま。さっき近くを通り過ぎたけど、帰りに寄ってみようかな。

 

f:id:art-hiro-b:20150828172842j:plain

べんてん号。

長浜港から竹生島までは、約30分。

 

しかし…さすが、弁天様と龍神様の島です。

 

 

びわ湖上を島へ向かう途中、ものすごい大きな…大きいったら大きい、視界にすら入りきらない巨大なうろこ状の雲が渦巻いていたのですが。

それがもう。

ばっちりと、龍の背ビレから髭から角から目から見えててね。

写真撮れなかったんだけどね。

まあ、ああいうのは、撮らない方がいいってことですね。

見てる間に、龍から巳さまに変わって、途中なんか亀?みたいな。

いやー、すごかったです。

おかげで、船の中も全く退屈知らず。

 

 

f:id:art-hiro-b:20150828172848j:plain

島の船着き場から。

竹生島神社のご本殿が工事中でした。

 

 

社殿などは写真撮りません。

島内には、たくさんの摂社末社がありました。

記事末にクルーズ船の紹介と一緒に、島内マップの載ってるサイトをリンクするので、そちらでごらんください。

 

 

都須夫麻神社では、竜神遙拝所で、かわらけ(土器)に名前と願いを書いて投げ、鳥居をくぐったら叶う…という「かわらけ投げ」ができます。

丸い焼き物を二つ受け取り、片方に氏名を、もう片方に願い事を書いて、名前→願いの順に投げます。

願いの方が、惜しかったんだよねー。

もうちょっとだったんだけど…。

 

竜神遙拝所とびわ湖。

敷石みたいに見えるのは、全部、参拝者が投げたかわらけ。

f:id:art-hiro-b:20150828172854j:plain

 

島を離れる時に撮った写真です。

この鳥居が、上の画像の鳥居を湖側から見たところ。

f:id:art-hiro-b:20150828173035j:plain

 

 

写真ないけど、摂社の「白巳社」に鎮座の阿吽の巳像が、もうめっちゃかわいかった。

 

 

 

弁天様のおわす宝厳寺へは、石段をあがっていきます。

 一番上から下を見下ろしたところ。

f:id:art-hiro-b:20150828175632j:plain

 

 

本堂前の不動明王像は、なかなか私好みでした。

写真はないよ。

 

代わりに、本堂前の灯籠にいた狛犬ちゃんズをどうぞ。

f:id:art-hiro-b:20150828172908j:plain

f:id:art-hiro-b:20150828172902j:plain

 

 

竜神遙拝所にちょっと長くいすぎてしまいまして。

宝物殿を拝観する時間がなくなっちゃいました。

ちょっと残念ですが、一本船を遅らせると1時間あいちゃうので…。

また次の機会に。

今日はダンナがこれなかったから、きっと来たがると思うんで。

 

f:id:art-hiro-b:20150828172915j:plain

日差しが強かったから写真が明るくキレイに撮れてます。

暑かった…(^_^;)

 

御朱印。弁天様

f:id:art-hiro-b:20150828172828j:plain

 

観音様

f:id:art-hiro-b:20150828172822j:plain

 

 

 

帰りの船から、岐阜方面を臨む。伊吹山キレイ。

f:id:art-hiro-b:20150828172923j:plain

 

 

長浜城が見えます。もうすぐ、港。

f:id:art-hiro-b:20150828173206j:plain

 

 

島内での時間は、帰りの便が出るまでの約80分。

あと2~30分くらいあってもいいかな~と思ったけど。

一般的には、十分な時間でしょう、きっと。

 

 

 

ともかく、合計すると4回くらい行きそびれていた竹生島だったので、ホッとしました。

思ったよりも自宅から早く行けたのもよかったです。

 

 

今日利用した船は、こちら。

竹生島クルーズ

島内マップがあるのでご参考ください。

もちろん、時刻表や料金も載ってます。

長浜往復は、3070円でした。

 

 

 

竹生島神社

 

www.chikubushima.jp

 

竹生島 - Wikipedia

こちらには、竹生島が生まれた経緯(神話)が載ってます。

首かよ(^_^;)

神さん方、ホント、やりますわ。

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。