緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【成功する方法】強みを持つ人の弱みを守れ。 …というスゴイ言葉

強みを持っている人間の、弱みを守れ。

一部の限られた人を対象に営業の指導などをされている知人の投稿から抜粋。

 

【成功する方法】という表題がついたその投稿。

弱い者が破れるのは宇宙の摂理だから、そこに力を注ぐのはエネルギーの浪費である。

そんな前提で書かれたこの文章。

反発する人もいる前提だというのは、承知している。

けれど、私もどっちかというとそう思う口なので、特に異論はない。

 

助け合う、ということは、人間生きていく上では必要。

弱い者を切り捨ててもよい、とは、思わない。

 

でもね。

「弱い者」って、どういう存在を言ってるのか…という見方一つで、この捉え方は全く違ってくる。

 

自助努力なしに弱さだけ人に押しつけてくる人っていうのは、居るのだ。

要するに「ワタシ弱いの。だから守ってもらってアタリマエだし、守らないなんて人間のクズでしょ」みたいな人のこと。

いるんだよね、残念だけど。

弱者の暴力ですよ。

弱さを振りかざして他人をどんどん追い詰めていく…そんな人を、私も見てきている。

奪えるものはとことん奪おうとしてくるんだよ、そういう人って。

悪質クレーマーなんかも、その種族だと思う。

 

私は基本的に性善説で生きたいと思ってるけれども。

関わっちゃいけない人達ってのは、いる。

もし、その気配を感じる人が近くにいたら、できるだけ速やかにフェードアウトをおすすめしたい。

 

 

私は、強みというものは人間誰でも持っているという前提で世の中を見てる。

ただし、それを活かすことに興味の無い人とか、自力で行動しようとしない人に対して、自分の限られたリソースを費やしたいとは、思わない。

ラテン語の故事にですら、「神は自ら助くる者を助く」という名文がある。

 

その上で、「その人の弱みを守れ」っていうのはさ。

つまり、「カバーしよう」ってことだよね。

補い合う。

チームって、そうやって回るもんだよね。

 

 

私の強みで、誰かの弱みを補う。

誰かの強みが、私の弱みを補ってくれる。

 

そうやって、うまく回っていく人間関係を自ら作れ。

それが、成功する道だ。

 

…と、そういうことだよね。

 

 

f:id:art-hiro-b:20150827230016j:plain

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20150827230036j:plain

△【聖観音】絵の全体像はギャラリーサイトで

art-hiro.com

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。