緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

経験が足りなくても「これ使える」と 言い切ってしまう理由

「使える画材」のリストをずらっと、セルフマガジンに、並べています。

でも、ぶっちゃけ、私は人生の4割近い長期間、絵を捨ててましたので、実際に描いていた期間は大して長くありません。

また、描いている期間も、毎日やってたってわけじゃなくて、ヘタしたら何ヶ月も何も描かないこともフツウだったので。

結局のところ、たいした時間費やしていない気がします。

一番没頭していたのは、中学生~20代初頭の10年。

よい仲間がいましたので、本当に集中しました。

 

画業というのは一生が精進の世界。

一つの画材とずーっと向き合い、この道ウン十年…というのもザラな世界。

 

そんな中で、私のようにかじりかじりやってきている人間が、すごくたくさんの画材を「使える」と言ってしまうのは、実はちょっと、気が引けるところがあったりします。

 

でも。

それでも、あえて「使える」って、言い切ってしまうことに、したのです。

使ってみたことがあり、好きな画材であるならば、使えるって言い切る。

そのように、決めたのですよ。

 

 

当然ですが、一つ一つの技法について、経験も浅く、知識も乏しく、技巧も稚拙です。

それは、自覚しています。

 

でも、「まだ、これでは、使えると言えない」と言ってたら、永久に、使えると言える日は来ない。

 

浅くても、乏しくても、稚拙でも、「できないわけじゃない」のだから。

だったらもう、できることにする。

 

結局、そうやって、「まず言ってみる」ことで、実際にその画材を使う機会も増える。

 

できない、って言っちゃったら、もうそれまで…です。

できると言っちゃうことで感じる心苦しさは、当然、あるけども。

それは、己の精進で厚くしていけばよいし。

 

浅くても、乏しくても、稚拙でも、出てきたものが「ダメ」なものかどうか…というのは、実際問題、関係なかったりする。

 

上手くてもダメなものはダメなのが、この世界。

 

できないところ、足りないところ、未熟なところ…そんなマイナスポイントを基準に動くのではなくて、ちょっと勇み足っぽくても言っちゃう、やっちゃう…方が、結果は出ると信じてます。

 

使える、と言い切る5つの理由

  1. 好きな画材・技法だから
  2. これからも使う画材・技法だから
  3. 使う機会を増やせばレベルは上がるから
  4. 0じゃなく1なら、1の分だけは間違いなく使えるから
  5. だって使えるから

 

 ごちゃごちゃ言っても、1と5ですね(笑)

 

私のセルフマガジン「異界絵師絵巻-弐」は、PDFデータで配布中。
ご自宅のプリンタで印刷して中綴じできるデータです。
ダウンロードは、こちらのURLをクリック

http://art-hiro.com/file/ikaiemaki2_s.pdf

ファイルを開いて「保存」

または、上のURLの上で右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」

 

 

f:id:art-hiro-b:20150821232321j:plain

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。