緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

人に会う予定がたくさんで、楽しみがいっぱいです

9月の東京ツアーは、思いがけないくらいにあっという間に、すんなり、一日ギュッと予定が詰まりました。

 

早朝に東京に着いたら、今回の旅の目的を午前中に果たしまして。

あとは、なかなかお会いできない方、会いたかったけど機会がなかった初めて会う方、海外に行ってることも多い方…とお話できることになって、めっちゃ楽しみ。

 

最後の、海外に行かれてることも多くて、あまり会う機会がない方は、なんと、帰りの夜行バスを見送ってくださるというじゃないですか。

「実は今、自転車の距離のところに住んでるんです」

って(笑)

そうだったのか…知らなかったよ。

何カ所か選べたバス乗り場だったけど、たまたまそこにしてよかった♪

 

一日、がっつりと満喫できそうです~。 

 

 

 

 

最近また、新しい出会いや、以前から知ってる人と新しい関係性になるっていうことが、たくさん起きてます。

 

今週はダンナさんの庭師業もお休みに入るので、北陸へ出かけます。

私的メインは、白山比咩神社と一閑寺。

こちらは一昨年?だったかな?

つれて行ってもらったことがあるのですが、その時は、一体どこに向かっているのか知らされず、気にもしてなくて。

あれこれ話をしながら車に乗せてもらってるうちに「着いたよ~」と下ろされて。

どこのどういう神社に来たのかもロクに見ず、ぼーーーーーっと参拝してきてしまったのです。

そんなことがあるのか?ていうくらいのボケっぷりなんですけど。

あったんですよ、そんなことが。

帰ってきてしまってから、さっき行ってきたのがどこだったのか…というのがハッキリ意識に上ってきて、「∑(゚Д゚) しまった!」と。

 

で、その帰り道に、「あと、ここもね」って、下ろされて、巨大な磨崖仏の不動明王にお会いしてきたんですが…まだボケてたので、地名も寺社名も控えてなかった。

 

今回、別件で北陸方面に行くことになったんで、だったら改めて「意識的に」参拝したいなと思っていたので足を伸ばします。

 

f:id:art-hiro-b:20150810214818j:plain

その人につれてってもらった場所って、比較的「あれは一体、どこだったの?」っていう場所が多くて。

後から、記憶を頼りに探してみて、改めて行ってみる…ということが多いですね。

探し当てられた場所ばかりじゃないので、もう二度と行けないかなってトコロもありますが。

(そういうことが度々あったので、神社やお寺の看板写真を撮ってくる習慣がついたわけで、結果オーライ?)

 

 

明日は明日で、お会いしたかった方と会える一日です(^^)

なんか、こういうイベントってホント、嬉しい♪

 

 

とにかく「人」です。

「人」「人」「人」

 

なのに私、自分では「他人に興味が無い」って、感じるんですよ。

 

「人」には興味があって、「人」に会ったり一緒に何かするのがすごく重要なのに。

それなのに、「他人には興味が無い」って、自分では感じるんです。

 

そのあたり、昔、左脳優位だった頃は、一応の解釈を自分で持っていたのだけど。

今は、その当時の思考の組み立て方とか、よくわからなくなっているので…

なんか不思議だ、ヘンだな~って、「もやっと」思う…感じです。

 

一つ前の記事じゃないけど、「惰性」でなんとなくやっていることが、ホント、多いなと思います。

そういう中に、大事なことがたくさん埋もれてるので、意識的に言語化して、自分で他の人に伝えられるようになっておかないと。

暑い暑いって溶解してばかりもいられないんで、しゃっきりしなきゃですね~。

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。