緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ダラダラな日、満喫中

粘りのある液体の底からぽこっと浮かんでくる気泡
…みたいに、時々出てくる思考というのはあるのだけど。
気泡みたい、という通り、だいたいが一瞬後には消えてしまって、「あ、なんかでてきたな」っていうことしか、わからずに終わる…。

なんか、そういうのが続いてる。

知り合いの方が、暑いとなぜか眠くなる…って書いていたけど、ホントにそうで。
ムダに眠くてしかたない。

やることも、やりたいことも、あれこれあるけど。
それよりも、眠い。
4日間集中しすぎて切れてる…と、そんな設定にして。
ダラダラな日、満喫中。

 

ご注文いただいているモノがあるけれども、無理にトライしてもダメなので、やっぱりダラダラに任せます。

頭の方も、水飴か何か混ぜてるみたいなスロー回転しかできない始末で。

 

練り直ししたいことも、新しく練りたいこともあるけども、今は放置です。

アクセスのために効果的なタイトルは!とか。

書き出しが大事!とか。

画像でタイトルを作るとか、あれとか、これとか。

もう、そんなこと考えられんくらいの溶解ぶりです…。

 

 

 

でも。
日差しは、確実に、夏のピークが過ぎつつあるのを物語ってる。

日の入りは、間違いなく、早まってきてるし。
セミの種類も、晩夏チームへ交代してきてる。
夕方の風は、少し、涼感が出てきた。

もう少ししたら、赤いトンボが飛ぶだろうし。
ススキも目立ってくる。

立秋を過ぎましたからね。

 


いつも、不思議に思うんですよね。

どうして、一番日が長い夏至の時よりも、けっこう短くなってきてる8月の方が暑いのかな~。

いや、理屈はわかるとしてもさ。
なんか、感覚的にね。
なんで、日照時間と気温のピークにズレが出るのかなあ~って。
不思議になりません?


なんだか、そういうことって、世の中全体に言えることかなあ~。
要因は一つじゃなくて、掛け合わさった結果が現象として出てくるだけで。

「本当の原因」とかいう表現があるけれど。

実は、そんなの、「これです」と断言できるようなことって、もの凄く少なくて。

なんかよくわかんないけど、コレとコレがそろった時にはこういう結果が起こりやすい…ということしか、わからないんです。

…っていうことだよね~。

 

f:id:art-hiro-b:20150809192446j:plain

2011年…だと思う。

某教室に参加してて、何かのテーマで描いた色紙。

この日は他のテーマでも描いたのに、暑い暑い暑いだらけの絵ばかり描いた記憶が…

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。