緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

手が知っている…という現象 絵描きセンサーで文章を

手が知っている

というのが、ずっと、私のキャッチフレーズです。

絵は、完全に手が主体で描いています。

塑像も、そうです。

頭で思い描いたものを手が拒否する…なんてことも、しょっちゅうです。

 

 

そして、ブログを書くのも、どっちかというと、手が主体。

文章は頭も使って組み立てますが、キーボードを打つ手が勝手に文字を叩いていくような感覚になることは、しょっちゅうあります。

 

 

そのせいか。

喋る時の自分と、文章の自分は、いささかキャラクターが違ったりします。

 

 

その現象が、今アメブロ中心にご案内している「夢を叶えるプチメッセージ」というメニューで、じゃんじゃん前に出てきました。

 

口述筆記というやり方は文筆業などでされている方が多いかと思いますが…

私のは、半自動入力みたいな感じです。

 

どのように受け取っていただいても構わない、どう感じるかは、ご依頼主さまの自由。

そう思ってメッセージを打ち込むのです。

時々、やけに具体的なことを打ち始めることがあって…そういう時は

「これ、外れてたら大笑いだよね」

と、思います。

けど、それ以外に浮かばないので、えいやっと、そのまま送ってしまいます。

後はもう、ご依頼主さまと神のみぞ知る…。

 

 

私は占い師ではなく絵描きなので、当てるの当てないの、というのは、私の側は問題にはしてません。

そうは言っても、受け取った側にとっては、あまりにあさっての話が来たら、「????」でしかないわけで。

 

何をやってるのかな~と、思ったりもします。

 

よかった方は感想を下さいますけども、「なんじゃこりゃ」と思った方は返してくださることは希です。

だから、良い感想しか戻って来ないからって、全ての方に喜ばれたとは、限らない。

 

コワイですよ~。

 

 

絵描きセンサーをもう一度磨き直すために、やってます。

もちろん、そのセンサーが絵以外のジャンル…文章を入力する、という、私が一番ラクでノーストレスでできること…そこで役立つものであれば、有り難いです。

(後ろの見えないヒトらがうるさいし……)

喋る自分には、これはできないことなので、対面では絵を描くセッション以外は、やらないですけどね。

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。