緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

未来の自分への協力要請

先日、5年間ローンが終了した。

それを組んだ当時は「一回の支払いを一番抑えて」を優先して、期間を長く設定したのだった。

何度か、残債一括清算しようかなと思ったことがあったけど、なんとなくそのまま継続してた。

 

 

それが終わった今になって、「ああ、なるほどな~」と、感じたことがある。

 

未来の自分に。

今の自分が。

協力を要請して成立した契約。

 

…ってことなんだなあ。

 

それは、借金もそうだし、未来のスケジュールもそう。

 

来週の予定を立てる。

それも、「その時点の自分への協力要請」っていうことなんだよねえ。

 

なので、たまに、断られることもある…と。

 

「あの時は行けると思ったんだけどなあ」

って、キャンセルさせてもらう…みたいな時ね。

それは、その約束をした時の自分から見たら「断られた」ってことだよなあ…と、なぜかローン完済後の感想で出てきた。

たぶん、ローンは「断れない約束」だな、って思ったところから飛んでったんだと思う。

 

全然まとまってないオチもない記事だけど、なんとなく思ったこと書いてみた。

 

f:id:art-hiro-b:20150719111924j:plain

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。