緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

「うしおととら」見たよ~♪

遅れましたが、ようやく第一話みました(^^)

ushitora.tv

 

懐かしい~!

リアルタイムでずーっと読んでました。

私はコミックで読む派なので、新刊出ると速攻購入してましたね。

めっちゃ好きでした。

絵も、内容も。

藤田和日郎さんの作品はどれも好きです。

(読んでないのもあるけど…)

f:id:art-hiro-b:20150713000342j:plain

 

 

昔、3巻だか4巻だかのOVAになったことがあったんですよ。

その時のキャスティングはけっこう気に入ってたのですが、今回の新シリーズはどうかな~って、楽しみにしてました。

 

んー、私的な好みから言うと、潮役は、もうちょっとガキ声でもよかったかな~。

けっこう重い役なので、今後に期待ですね。

 

とら役は…大塚周夫さんもういないんだな~(T.T)とか思いながら聞きましたが、こちらは、けっこうイイ感じだったかも。

キャストに、キリオまで入ってるけど、十和子はまだ発表になってないのかな。

それが問題っていうか、期待っていうか。

でも、今もう私、声優さんが全然わからなくなってるので、配役を見てもぜーんぜん、イメージできないので。

そこは、かえって先入観なく実際の声を聞けるから、まあいいか~って感じですね。

 

かがり~! かがりに早く会いたいよぉ~!

 

 

とりあえず、絵はキレイでよく動いていたし、出だし快調ってところですね。

メインストーリーを39話内で完全にやり遂げる…には、エピソードは厳選してないとできないでしょうから、公式サイトのスペシャル対談で「余分なことやってる余裕ない」っていう通り、絞りこみまくった内容になってると思います。

一直線…っていうのは、この作品のイメージでもあるし。

どういう風に厳選して構成されているか、楽しみにしております(^^)

 

 

 

 

アニメとは離れますが。

”うしとら”19巻のエピソードに「愚か者は宴に集う」っていう回があって。

その回のお話に関する記事を、アメブロの頃に何度か書いたんですわ。

”うしとら”は、全編通して好きだけど、不思議と、自分が何か引き合いにする時はほぼ決まって、その話。

「泥なんて、なんだい!」という、潮のセリフ。

f:id:art-hiro-b:20150712235906j:plain

 

自分よりも優先して|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

思い上がり恐怖症|手が知っている異界の彩~絵師・緋呂 展示館~

 

 

なんか、文庫版とか完全版とか、いろいろあるのね~。

うちにあるのはフツウのサンデーコミックスなので、それを貼っときます。

この回は、とらと真由子の重要なエピソードがある回なので、アニメにも入るかな~。

ちょっと期待。

 

 

 

藤田さんの作品は、セリフがよいです。

月光条例」は漫喫で読んだんだけど、あれはヤバかったね。

家に引きこもって読む本だったね…個室だからまだよかったけど。

泣きまくってもーたわ(笑)

買いたいのは山々だけど、今もう増やさないようにしてるんで、ほぼ、漫喫で読んでるの。

毎月、けっこうな金額を漫喫で落としてますですよ(笑)

作者さんに印税入れない読者でごめんなさい。

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。