緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

1分30秒の自己紹介~何をそこで話すのか? 【かさこ塾】

昨日の「かさこ塾」では、1分30秒で自己紹介する、というお題が出ました。

1分30秒経過したら、そこで途中でも終了。

 

1分30秒って、短い。

長いようで短い。

 

砂時計が半分落ちたら終わり。

 

 

あらかじめ、何を話すかを考える時間がありました。

私は、そういう時は台本とか持ってもムダ…というのが今までの経験上わかってるので、メモなどは全然、作りませんでした。

 

直前まで、ネタを何にするか考えてました。

 

背がちっちゃいけど絵はでかいのが好き、っていう話にするか。

儲けられるようになったら、何をおいても家事代行サービスの契約をするんだ!という話にするか。

それとも、真面目に絵の内容を話すか。

 

結局、とっさに口を突いて出たのが「身長」だったので(笑)

三光堂さんのガラス絵の話と、紙以外の媒体に描きたいのだ、という話と。

陶器作品は手のサイズにあった小さいモノも作れてます…という話と。

 

で。

後になって、年齢の話とか、家族構成の話とかをサックリ忘れたことに気がつきました。

忘れたっていうのは、語弊がありますねー。

最初から念頭になかったね。

特に家族構成(笑)

ナイショというわけでは全然ないけど、1分30秒という短い中で話すネタとしての優先度が低い…ということですな。

 

 

パフォーマンスです。

人の前に出て、何かを伝える。

自己紹介ならば、自分がナニモノか…というのを、初めての方達に伝える。

 

私という個人に関することを話すのか。

私のやっていることを、話すのか。

学びを共にする方達へのアピールだから、今後の希望や展望なども伝えた方が良いかも。

 

そうやって考えると、1分30秒=90秒の中で優先することは、私の場合はダンナや子どもの話ではなく、年齢談でも、過去の経験談でもなく。

「なにをしたいか」に絡めた話が望ましいかな…と。

 

大きな絵を描きたい。

紙じゃなくて、壁とか車とかに描きたい。

今、お金になりつつあるものは、陶器…特に原型。

 

 

大きな絵が好きで、壁画が描きたくて。

今のところ一番大きな絵は、三光堂さんの入り口ガラス絵。

しかし私は実のところ、足場が不安定なところ&高いところが怖くてしょーがない。

ただし、脚立に昇らずには届かない。

コワイとか言ってられない。

…そんなエピソードも、あと30秒あれば、できたかな~。

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 

 

きっと、これから、自己紹介をする機会は増えると思う。

というか、そうじゃなきゃいけない。

 

私は、どっちかっていうと、どこかの立派なお部屋に鎮座する絵ではなく、野ざらしになって、自然に味がでてくるようなものを作りたいと思うので。

もちろん、お部屋の中に大切に保存していただけるなら、それは本当に、ありがたい嬉しいこと。

でもやっぱり…どっちかっていうと、風や雨と一緒に時を過ごすような絵を、描きたいのだなあ~。

だって、日本の神様は、根源的には自然神だし。

龍もそうだし。

平安期以降の宮廷イメージとか、雅楽とか…そういうのは、私の神様のイメージとはかなり違うし。

 

陶器も、仏様を作るにしても、雅やかなのよりは、円空仏や木喰仏(もくじきぶつ)のような方向。

 

それと、これから力を入れたいのは、「鬼瓦」なのだ。

鬼瓦風の魔除け&招福の小物。

いずれは、お庭に石と一緒に置くような大きなものや、花器。

 

 

そんなモノばかり作りたいのに、私って体力がなかったり、筋力が平均以下だったり。

自分がそういう風だから、逆なモノを作りたいのだろうね。

 

それで今、「かさこさんはピンクのシャツ」とか、タモリさんはオールバックにサングラス、さかなクンならフグ帽子…みたいな、「自分のアイコン」になる外観スタイルというのも、あるといいな~と、考え中なのでございます。

 

けど、そっちのセンスないの…ぶっちゃけ外観どうでもいいヤツなんで…(^_^;)

 

 

 

 

f:id:art-hiro-b:20150707220857j:plain

△上の画像に使用した絵の全体像&制作過程はギャラリーページで。

art-hiro.com

 

  

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。