緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

頼る時は頼り、手伝える時は助ける。世の中はそうやって回ってる

はい、前の記事から数時間で、下半期開幕ですね。

本日は2015年7月1日。

朝早く起きて、150kmのドライブしました。

朔日詣は途中で立ち寄ろうと思ってたのですが、あまりに雨が降ってたので、まぁいっか~とスルーしちゃいました。

今日は、神社参拝に限りなく近いことをしに来ているので、それで参拝代わりで、ええやん(笑)

 

ただいま待機時間なので、待合中更新しちゃおうかなとノートPC起動です。

モバイルノートは文字ちっちゃいね~。

思わずブラウザ表示を150%とかにしちゃいましたよ。

けれど、そこさえどうにかすれば、出先でもあれこれできるという文明のありがたさ。

もっとも、今この子、画像系のソフトが何も入ってないので、アイキャッチ画像とかも作れないんだけどね。

スマホで作ればいいんだけど、フォントがないし、めんどくさいし。

 

 

f:id:art-hiro-b:20150701113032j:plain

 

今いる場所は、超のどかな山裾の一角。

定期的に来ております。

来るたびに、毎回、「は?!」という新たなテーマが出現するという、ダンジョン内の神殿みたいな感覚になってまいりました(笑)

 

しかも、今回は、明日大好きな場所に行く予定で来てるんで、めっちゃ楽しみです。

 

 

ドライブ中、道々思っておったのですけどもね。

私はとんでもない方向音痴で、風景も道もなかなか覚えられないものですから、車で遠出するってのが苦手でした。

往来の激しい都心部も苦手です。

それに、停めるのがまた下手っぴなので、狭いコインパーキングはたとえ近くても避ける…みたいな感じです。

それらが重なって、自転車でもよくない?程度の距離しか運転してない期間が20年ほどありました。

 

けど、行かねばならない場所が都心部とか、遠くとか…そもそも交通機関じゃ運べないでっかい額入りの絵を運ぶとか。

そんなこんなが次々出てきて、ちょっとずつ、距離が伸び、いろんなところに足の伸ばすようになりました。

 

そうすると、片道3時間とか4時間とか、だんだん、平気になってくるのね。

 

交通機関の不便なところが多いので、交通量が激しかったり、3車線以上の広い道だったりすると、ちょっとどきどきするんだけど(笑) どんな田舎モノかと(笑)

 

でも、それでも、どうにかなる、という感覚は、ついてきてるわけです。

ほんの1~2年の間に、そうなってきました。

 

こういうのって、何でもそうだと思うんですよね。

 

やったことがないことは、予想できないので、なんとなく尻込みしちゃうし。

慣れるまではやっぱり気合いもいるし、億劫にもなる。

 

けど、そこでストップしないで続けると、気がついたら「あれ、たいしたことないかも」っていう気になってるんだよねえ~。

 

今はカーナビという神的ツールがあるから、ほんと、ありがたい。

あれなかったら、今も、運転できませんね私。

 

道具、使えばよいのですよ。

あるものは、使う。

使って、目的を達する。

 

「人を利用する」っていうのは、悪い使い方したら問題ですが、よい使い方…「適正に頼る」ってことすれば、よいと思う。

 

頼る時は頼り、その代わり、誰かを手伝える時はすればいい。

世の中は、そうやって回っているのです(^^) 

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。