緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

ワンマンでいこう! 今後の展示やイベントのこと

人を頼るってことは、人生上では常に、どこかで必要になってくることではある。

けれど、そのやり方は、けっこうデリケートなものなんじゃないのかな、って思う。

 

私は単独行動が好きなタチだから、余計、そう感じるのかも知れないけれど。

 

自分ではない別の人と何かをしようというのは、なかなかに、繊細な調整が必要になることが多く、時にはそれがめんどくさくなる。

 

ある意味、利害がある関係の方が、やりやすい。

利が一致しなければ「バイバイ」ですむ。

 

 

 

一世を風靡したような「超人気バンド」などが、音楽性の違いを理由に解散するって、よくあると思う。

走る速さかも知れないし、温度差かも知れないし、ジャンルかも知れないし、作り方かも知れないし。

もっとリアルに、お金の流れや、メンバー間の人間関係/力関係かも知れない。

 

それらを包括して「音楽性の違い」と表現しているんだと思う。

 

人と一緒にやる、というのは、常に、そういうことを調整し続けることを意味する。

 

 

私も、今まで、いろいろと「他の人と共同」でのイベントや展示会をやってきた。

半年ほど、そういった活動は企画もしていなくて、たぶん2015年内に展示会をやる可能性は薄いと思っている。

 

でも、今後企画する時は、他の人と一緒、というのは、もう、しない。

外部の企画展などに参加する場合は別だけど、自分で企画する展示会やイベントに関しては。

 

共同企画のメリットというのは、大きい。

ただ、そのメリットは、甘えに通じるものでもある。

さまざまな調整のためにエネルギーが分散するということもある。

 

ワンマンでいこう。

 

今の制作のやり方ならば、以前のように大きなサイズばかりということもないので、それほど広くない場所でも十分、展示はできる。

また、その「場」を活かした展示の方法を、一回ごとにちゃんと、設計して考える…ということも大事だ。

 

 

力を分散させてる場合じゃない…そういうことは、削ぎ落とし。

注ぐべきところに、注ぐ。

 

そのために、ワンマンでいこう。

 

 

▽今まで展示してきた作品の目次ページ@アメブロ

 ※未掲載の作品もありますが、だいたい載っています。

ameblo.jp

 

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。