緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

迷ったら「難しいと思われる方」を選べ!

 迷ったら「難しいと思われる方」を選べ!

というのは、私が存じ上げているある経営者の方の言葉。

「カッコイイ方を選ぶと、常に難しい方になる」

とも、おっしゃっていた。

 

人は、安心できる方を選びがち。

安心できる=すでに知っている=予測がしやすい

ということであり、手堅く思えて実は安易…と、なりやすい。

 

今の自分よりもカッコイイ自分(基準はあくまでも自分基準)でいられる選択をしていくと、なぜか常に困難な道を選ぶことになる。

過去を次に持ち込むとしたら、「あきらめなければクリアはできる」という経験則だけ。

 

恐ろしくパワフルなので、とてもマネできないのだけど。
そういう信条にならってみるってことは、できる。

 

 

 


今まで出会ってきた人達は、ホントに、いろんな人がいた。

長く続いている人もいれば、1年単位で移り変わる関係もある。

濃くはならないけど、途切れもせずに細くつながっている関係もある。

まだ出会ってない、会いたい人もいる。

まだ出会ってない、お互い存在すら知らない人もいる。

過去のどこかで接点があって、途切れた人と、また始まるかも知れない。

今がっつりでも、明日には流れが離れるかも知れない。

 

そうやって、お互いが自分の流れる軌跡を描いていくうちに、それは光る織物になっていく。

 

 


さて。
スタートは、常に、今、この瞬間だ。
今がスタート。
明日も、明日のスタート。

迷ったら困難な方を選べ。

その方が、得るものが大きい。

それに、結局、平坦な道より面白い。

 

おもしろがっているうちに、何か新しいものができあがっていくのなら。
そんな楽しいことは、ない。 

 

 

20111117uzume_600

△ 天鈿女命(アメノウズメノミコト)【扉ひらく】

Webギャラリーの紹介ページ→http://art-hiro.com/01spirits/174/

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。