緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

上流へ行こう! 行き方は、人が教えてくれる

7月はたいへんなことになりそうだ…

強烈参加希望でリクエスト出してたセットものの講座が7月に日程が決まった。

そして、新しくもう一つ、こちらはすごい必要性を感じて、行かねばなるまい…と思うセットものの講座も、7月にスタートする。

そっちは、まだ日程がわからない。

 

ヤバイな…もしかしたら、日が重なるかも。

もしガチ合ってしまったら、どっちか選ばにゃならん……。

ガチ合わなくても、どちらもハードな内容になるだろうから…宿題出るし大変だ。

(いや、一番ヤバイのは資金だが(^_^;)

 

 

しかし!

 

事業とは、投下資金の回収なのだ!

昨日はっきり言葉として聞いたけれど、それは本当に、そうなんだよね。

ビジネスとして成り立ってない私の活動だけど。

投資だけ見れば、ホント、どれだけ投下してきたか。

そろそろ回収にはいらないとね…って、何度、ダンナとも話をしたか。

 

なのに、まだ更に投資なのだ!

 

なぜなら…ここまで、私は、「現金収入という手段以外による回収」を、かなり、済ませてきている。

カタチのないものの回収。

そんなの「回収」のうちに入らない、ってお叱り受けるかもだけど。

ナニモノにも替えがたい価値があることを得てきているんだよ。

私にとっては立派な回収。

 

 

モノ作って売る…って、面白いことだと思う。

というか…今までは売る気で作ってこなかったので。

単に、思いついてやりたくなったことをやってきただけ。

作品展も、何度かやったけど、私には「描いたものを見てもらう場」という以上の思いはなかった。

売れる売れないは、「あわよくば」っていうレベルだったので、オマケもオマケ。

(おい)

 

ほんとのここ最近になって、ようやく、作って売る…というのが面白く感じられてきた。

去年の12月に、今支援してくれてる方に懇々として「その考え方じゃダメ」と言ってもらい、その後3月くらいから、やっと、言われたことが飲み込め始めて来た。

 

世の中には、こんなにたくさんの知らない素材や、知らないやり方や、面白いことを考える人たちがいる。

自分の思いつくことなんざ、ほんと、宇宙のチリみたいなもん。

 

 

私には、理想のカタチを実現しているアーティスト経営者が数人、いる。

特に、同郷愛知県の女性の伝統技能職人経営者の方と、京都の絢爛とした男性アーティスト経営者の方。

その方達は、たくさんの人を幸せにしている。

 作ったもの、手がけたものを世に送り出していくことによって、たくさんの人が幸せになる。

私みたいに、そういうモデルを見ることによって勝手に幸せになる人間もいる。

 

そうなるためには。

上流へ昇らなきゃならない。

行き方は、周りにいる人達が教えてくれる。

 

 

△▽このツイート、恥ずかしいことに「確率」が誤変換(^_^;) 正しくは「確立」です。

 

 

 

2015-01-01_600

△ 黄龍

Webギャラリーの紹介ページ→http://art-hiro.com/02dragon/45/

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。