緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

無理してでも【言いたいことを言うワタシ】でいたい理由は何?

昨今では、「がまんしない」「嫌われてもいい」「自分を一番に」などの考え方が流行している。
今まで日本では、そういう考え方って「おいおい」って言われることが多かったから、みんなここぞとばかりに、「そうだそうだ!」って、飛びついているように思う。

もちろん、それらは大事なことで、自分を曲げすぎれば抑圧になって、まあ、ロクなことにならない。

ムダなガマンや迎合や過剰な謙遜、自分放置…というのは、やはり健全さを損なう。

 


だがしかし…だね。

「いや、あなたの言動って、<自分を大事にしよう>っていうのじゃないよね?」

というのも、けっこう…目立ってる気がする。

 

言いたいことを言うワタシ

 

というのを見せたいため?

ブログが暴言だらけになってる人とか、たまに、見る。

 

腹が立ったこと、ムカっと来たこと、イラっときたこと。

多くは、人と人との関係の中や、自分よりも立場の強い相手や場との対応の中で「ワタシがないがしろにされた」ことに対する恨みつらみ…みたいなもの。

それを、スキルを駆使して、もっともらしい文章に仕立てているわけだ。

 

対立意見に対しては、「嫉妬があるからそう見える」とか「自分の中の癒やされてない部分を投影してる」などなどの、言論封鎖ワードを持ち出す。

(事実そうだ、という面は理解しているけど、何でもかんでもそれ持ち出されたんじゃね…)

 


でも、思うんだな~。

その姿勢、自分の首を、じわじわと締めてるんじゃないのかな~。

 

言いたいことは言えばいいし、無理や過剰な自己抑圧は、そりゃあ、やめたほうがいい。

 

でもねえ。

言いたい放題書いてる中にも、ちゃんと、礼節があって、自分の基準や芯が感じられる人も、いるのだよね。
そういう人の記事は、使う言葉が乱暴だったり品がなかったりがあっても、全然、イヤな気がしない。
清々しい。

なにより、「暴言」に感じない。


なんか無理してるな~って感じる記事は、息苦しいし、時には痛々しい。

 


あなたは、本来、そんな攻撃的な人じゃないのでしょう?
なんで、わざわざ、ムダにファイティングポーズばかり見せて回ってるのかな?

 

と、思うのですよ。


言いたいことを抑えない。
人に迎合しすぎない。
自分を放置しない。

そういうことって、歯をむき出して「シャーッ」って言い続けること…じゃないと思う。


合わない武器を振り回しても、自分も人も怪我させるだけだと…思うわけです。

 

そうまでして、【言いたいことを言うワタシ】でいたい…そういう自分を見せていたい理由は、何なんだろう?

 

そして…そういう自分でいる手段は、噛みつきまくりの攻撃型をとる以外にも、あるんじゃないのかなぁ?

 

 

100223_600

△大天使ラファエル『全てそのままでいい』 B3/パステル、水彩色鉛筆

 

 

★外部サイトからも読者登録できます!→

 

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。