緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

修練は続く。

 

Twitterで発信されてくるミヒャエル・エンデの言葉たち。

上のは、その一つ。

言い回しは難しい感じになってるけど…

私の感覚に、けっこう、近い。

 

神と人…という概念にも、近い。

 

自分は絵描きなのに、こういった感覚をどうやったら絵にできるのか、さっぱりわからない。

圧倒的に、視覚に訴えるヴィジュアルの方が多くの情報を発信できるツールだというのに。

 

「わたしは絵描きだから、言葉で語るのではなく絵で語ります」

と言って、抽象概念を一枚の絵にして見せている人を、存じ上げている。

どうやったら、そういうことができるのか…残念だけど今の私には、わからない。

 

どのように描こうとしても、少しズレが生じる。

 

かといって、言葉に置き換えようとすれば、それはそれで、またズレる。

 

絵だけ、言葉だけ…ということではなくて、もっといろんな手段を織り交ぜたやり方を編み出さないといけないのかも知れないし。

単に、絵も言葉も使い手として未熟なだけなのかも知れないし。

 

いずれにしても、修練は続く。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。