緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

記す

文字のない文化に生きる人たちは、その成り立ちや足跡を記すこともない。


絵画として残したとしても。


伝えられることは、ある種、限定される。



もちろん、文字だけでも。

限定される。



けれど、口伝のカタチでしか歴史を残さない文化は…


どこかの時点で物語が変容しても、それを残す術がない。





しかし、また…。


何かに固定した姿で記す文化も、永劫ではない。


変容も、ある程度までは辿れるという程度かも知れない。



そう思うと、「記す」という行為は、誰に向けてするものなのか。


目が覚めて、布団の中で。

電波という見えない世界に記す文字を打ちながら。


何だか、とても、不思議な感じ。


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。