龍とか神とかについて、思うこと 在り方・対価・種族・存在領域

私は、ここんとこ、「緋呂さんと言えば龍」という人様からの評価をいただくようになりました。 ありがたいことです。 逆の「龍といえば緋呂さん」になるには、まだまだですが、一歩は踏み出してる感があります。 「内なる龍」について書いてて、もっと違うところ…今まで自分がどうやって龍と関わってきたか、ってことを、…