緋呂の異界絵師通信

ミエナイセカイ ハ カサナッテル

【伝言】伝達者の本来の役割は意訳ではない

意図的に、見えない存在とのコンタクトを図ろうとする場合。 人が特に注意すべきことは、必要以上の「解釈」を加えようとすることだ。 特に、自分自身の価値観や感覚から隔たったことがその内容として伝達された場合。 多くの人は、自己の理解の範囲に収める…

人を応援するっていうことについて「ひろーくも浅ーくもない」のが私は好きという私見

人を応援する、というのって簡単なようで奥深いんだよね。なんかさ、買ってくれたからお返しに宣伝しますとか、アレをしてくれたからコレをします、という構図は、応援するっていうのとは違うんだよなーとか、とか。— 異界龍画師 緋呂/神龍の具現化職人 (@H…

【伝言】自分の領分を超えようとする欲は最も忌むべき悪の一つ

自分の本来的な役割を超えて、別の役割を担おうとする者がいる。 その原動力は、主に、欲から来る。 欲が悪ということではない。 能力の限界を見失わせやすいのが、注意すべき点であるという以外、欲が悪である要素はない。 善意や慈悲も、時に人の欲の源と…

あると思えばあるし、ないと思えばない。妄想か現実か、それも自分が決める

インナーチャイルド、っていうのを、聞いたことがありますか? 心理畑、スピ畑の方にはおなじみかもですが、そうでない方でも、もしかしたらお聞きになったことがあるかも。 それくらい、比較的一般的になっているかな、っていう印象です。 内なる子ども、な…

【伝言】記憶と記録 全体世界における人の役割

人の記憶が、見えない世界の存在を、その存在たらしめる重要な要素。 従って、見えない存在側は、人の中にその記憶を保持させていく必要がある。 鮮明であればあるほど、効果は高い。 そのために、人に対して絶えず、存在を示す働きかけをするのである。 人…

【伝言】世界を分割したい、という欲求

二元論とは、実に単純で、なおかつ捉えやすい概念である。 AとBという二種類があり、その差異に注目する。 世界は陰陽で成り立っている。 しかし、このことは、人の概念にある「二元論」の証明というわけではない。 人はものごとを、まるで見える線が引いて…

この光の中に座ると、生まれ変わったみたいで幸せです あかり玉オーナーさんの嬉しい言葉

先月、オーダー制作のあかり玉をお納めしたお客様とお会いする機会がありました。 毎日、寝る前に暗くした部屋であかり玉を灯すのが一日の締めくくりになりました、とのこと。 光が暗い部屋の壁や天井に散っている様子は、本当にキレイ。 毎日少しずつ、向き…

陶器絵付け なんとか、目処が立った感じがやっとできました

窯から、変形絵皿6点が出て参りました。 今回のは、かなり、安定していると思われる材料を用いての絵付けでした。 逆に言うと、もしも今回も失敗してたら、次はまた材料の構成から再検討に入らなきゃならないところ。 今までになく、ドキドキの窯出しとなり…

【伝言】祭祀と芸術、人の本能とは 「存在する」ということそのものへの賛歌

原初より、人は神を求める行動の中で様々な発明を成してきた。 言語も、文字も、芸術も、そうしたものの一つ。 あらゆる創造物は人が神へ捧げるために生み出された。 それゆえに、そられは人自身をも慰め、高めることができる力を持つ。 人の捧げ物とは、人…

【伝言】異質なものを恐れる 己の弱さに対峙できない自己憎悪が元凶

親しんでいるものと異なる態を示すものを、人は無意識に恐れる。 それは生物としての本能であり、消すことはできない。 ただし、現代においては、その働きが弊害になることは多い。 理解できないもの、異質に思えるものに対峙した時不安になるのは、やむを得…

伝言シリーズはあと5記事 それについての未熟者として考察

水平線で仕切ったところから下の文章は、昨日の夜にぶつくさ言いながら書いた。 おとといと昨日たくさんUPした伝言シリーズについての愚痴。 でも、書いて、書いたというだけで気分がちょいと収まったので、UPするのはやめていた。 そしたら、その直後に、こ…

【伝言】脳と感情 人の脳は快と不快の二種類でしか動かない

「価値」とはなんだ? お主らは、「価値」という曖昧な言葉を、その曖昧さをすり合わせることもなく、あらゆるものを測る物差しとして使う。 しかし、お主の思う「価値」が他者に通じぬことなど、今までいくらでも経験してきたであろう。 その物差しの無意味…

【伝言】人のルールで人の世界の外を縛ることはできぬ

お主ら人の世界で創り出した人のルールは、人の世界の外を縛ることはできぬ。 しかし、人の世界は、その外側の世界に内包された存在。 ゆえに、外側のルールは、人の世界にも適用される。 人には、社会という大きな枠のためのルールと、一人のためだけのルー…

【伝言】役割と手段は対 持ち時間の限界を正視せよ

あの時、停止させずにそのまま、突っ切っていれば。 少々無茶だったとしても、少々強引だったとしても。 そうしていれば、今、もう少し先の景色をみることができていたのではないか。 お主はいつも、そんなことばかり考える。 愚の極みよ。 その時は、そうし…

【伝言】窮地 自ら生み出す罠に捕まるでない

※昨夜書いた時に、あんまり連続でUPするのもどうかと思って一旦下書きにしてありましたが、これのことか!と思うような事案が発生したのでUPします。 余裕がない相手に遭遇した時、スロー再生モードに瞬間的に入れるように日頃から訓練をしておくことだ。 相…

【伝言】学びという泥船から飛び込め

「学び」がなぜ都合のよい逃げ場になりやすいと思う。 それは、誰にでも明確にわかる基準というものがないからだ。 ある一つのジャンルで、なにがしか一定の形を成したいとして。 たとえば主のその「手」の技を発揮するものを考えてみよ。 それは、見た目に…

【伝言】嫉妬 害意へ転嫁しやすいものとしてすでに方向付けられている名称を改めよ

その湧き上がる感情に否を出すな。 その感情は、前進するための燃料として最大の出力を上げるものだ。 その火力は、己を滅ぼすものでもある。 正しく用いねば、他をも害する。 その感情は、人にのみ与えられ、人にのみ許されたものである。 多くの人は、それ…

お盆を考える

お盆です。 私、神とか龍とかと関わっているから。 世の中的にはおそらく、そういう人間ならお盆もさぞや大切にするだろう、と思われているかもです。 実は逆です。 ご先祖様に感謝を、という意味ならば、その通りだと思ってます。 ここまで続いてきた血統の…

千人が否を唱えようとも

誰がああ言ったこう言った。 誰がどうしたこうした。 もう、そんなことは、どうでもよい。 比べる相手は己のみ。 本物も偽物も、信じるも信じないも。 全ては、己の感覚の中にしか存在せぬ。 己の信じるものを信じよ。 己の信じる相手を信じよ。 他人が何を…

限定2名様募集【あなたの龍性姿絵(仮称)】サンプリングモニター版

天使の頃、あなたの可能性の光を描くヴィジョンアートというメニューをやっていました。それの、龍版をメニューとしてリリースするべく名称等考え中です。 今年5月6月に提供していた「内なる龍覚醒」の時の龍とはまた違うのですが、「内なる龍の一種」とは言…

他者目線からブログの書き方をチェックする!こはるさんフィードバックを受けて

先日、ブログ記事のフィードバックを受ける機会をいただきました。 一記事指定だったので、こちらを見ていただきました。 変わりゆく世界の荒波を自由に乗りこなそう! この記事は、以前に他の方にチェックしていただき、修正を施しております。 なので、私…

自分を知り、等身大の目測を持つ。大事だけど難しすぎる「自己把握」

自分の能力や特性、キャパシティなどを正確に把握できるということは、ものすごく大事なことだ。 そして、とても難しい。 多く見積もりすぎても、少なく見積もりすぎても、よくない。 そんなことは、わかってる。 けれど、それができれば苦労しない。 本当に…

新しい波が世界を洗う 全く概念の違うWebサービス達と経営者脳

十年一昔、と、昔ですら言っていた。 今や、3年もすれば「一昔」な感覚になる。 そんな時代には、次々と、新しい概念のもとで始められるサービスが登場している。 今日は、個々のサービスについてではなく、サービスを受け入れるかどうかという姿勢を決めて…

ジュエリーデザインワークショップは単なるお絵描きワークショップではない経営者OSを垣間見られる貴重な場だった

岐阜で宝飾店を営む若きジュエリーデザイナー長谷川さんのワークショップに参加してきました。 ジュエリーデザインワークショップ とにかく、すごかったです。 ノンストップ4時間弱。 休憩なし。 素人でもOKという対象なだけに、デザインのイロハをざっくり…

勾玉と雲の変形絵皿6点 絵付け完了!

施釉して本焼きしてもらう日に駆け込むため、今日はいっぱい絵付けしました。 焼き物は、焼成前と後でガラッと色や雰囲気が変わってしまうこともあるため、焼成前を見せるのちょっと迷います。 まあ、自分用記録もありますので、結局載せてますけどね。 とい…

折り紙ってもとはご神事。折り紙竜、降臨!

オンラインでお話させていただいた方が、折り紙クリエイターさんで。 竜を折ってくださったのです。 じゃーん! 何を隠そう、私は折り紙が、すっごい苦手。 角をきちんと折れないぶきっちょなんです。 そして、折り方の図を見ても、????で。 途中から、…

深く考えずにやってみた実験で、思わぬ結果が出た...占符おそるべし

言縁占符(ことよりせんふ)を使って、時々Facebook上でイベント的に無料リーディングをやってます。 そして、昨日、リーディングだけのメニューを出しました。 早速、お申し込みいただき、リーディング結果をお届けもしております。 で、ふと気がついたの。…

加藤望さんの「オンライン話し方聴き方レッスン」受けたら自分の密かな野望までしゃべっちゃった話

オンラインでレッスンを受けました。 一対多のセミナーは今までにも受けたことがあったけれど。 比較的実技講習に寄ったレッスンをオンラインで受けたのは、初めて。 そのレッスンとは、こちら! オンライン話し方聴き方レッスン 加藤望さんのオフィシャルサ…

数稽古、数稽古、やっぱり数稽古の後、本番!

ただいま、隙あらば文字練習中です。 それもこれも。 古式伝承の占符を作るため。 符ですから。 ええ、ただの文字書いたカードじゃ、ありませんから。 だんだん書き慣れてきて、バランスよくなってきたよ。 これは小篆体をベースにしているのだけど。 私は臨…

言縁占符メールリーディング

「ことよりのみくじ」からリーディングメッセージのみ独立させたメニューです。 こちらはモニター版はありません。 護符はつきません。 メッセージは、メールでお送りいたします。 詳細、お申し込みはこちらから! 言縁占符メールリーディング - 緋呂屋ー”ス…

台風のエネルギーが作用した雨龍

以前に、とある人から、 「きみの描く龍は日本の龍というよりは、もっと南方系の龍な感じがする」 と、言われたことがある。 その人がイメージするのは、バリとか、インドネシア方面の家などに飾られている守護龍(のようなことを言っていた、という記憶)だ…

リスクに注目して足踏みするくらいなら、最初に「やるならここまで」の線引きをしっかりしておけばいいと思うのだ

リスクというのは、どんなことにでも必ず、ある程度はついてくる。 それを回避することばかり考えていたら、何も、はじめられないし、進められない。 今、世の中には新しいサービスがどんどん登場している。 私も、それら全てを知ってるわけじゃないし、一部…

みなさん、私にネタをありがとう

いろんなケースを取り上げて、「○○は××だから、ああだこうだ」という記事をたくさん書いている。 けど、ちょっと、一言お断りしておこうかな、て思った。 私は、それらの記事を、「世の中を正そう」とか「糾弾」とか言うつもりでは、書いてない。 みなさん、…

価値観の変化と手のひら返し

手のひらを返す、という表現がある。 突然、態度を一変させることを指す。 掌を返す 読み方:てのひらをかえす別表記:手のひらを返す、てのひらを返す急に態度を変え、従来とは正反対の対応をする様子などを意味する言い回し。親身に接していたものが突如と…

人の役に立ちたいなら、まず自立することが先 その単純な理由

人が好きで、特に好きな人の役に立つことを願っている。 そういう人は、きっと、たくさんいると思う。 でも。 忘れてはいけないことが、ある。 誰かの役に立つには、自分自身がしっかり、自分の足で立っていることが必要だ、ってこと。 それができてないと、…

奥底に、まだつなげられていない古井戸の存在を感じるけれど、なかなかそこに届かなくてむずむずする

2年前、2015年8月3日。 この日書いた記事がある。 そこから引用。 去年の夏辺りから、少しずつ、そういう衝動が来るときが、減ってきて。 書くネタには困らないけど、書かないではいられないっていう感じでもない。 最近、思う。 どうやら、今の自分の中にあ…

被害妄想人間と関わってはならない、たった一つの理由

人生の浪費だからだ。 以上! 彼、彼女らは、人の時間や人のストレスなど、一切意に介さない。 関心があるのは、自分がいかにひどい目にあい、いかにかわいそうだったか、ということだけだ。 たとえ、何年も前の、すでに過ぎ去っていることであろうとも。 た…

自分用祝詞

4月に九頭竜大神に詣でた時、自分用の祝詞を作るっていうのを宣言してきちゃったのだが。 それが、いい感じにやっと、収まった感が出た。 おおよその原文はけっこう前にできていたのだけど。 まだなんか微妙かなっていう気がしていた。 詳しい人に意見を求め…

うまく活かせば、かつてないほど豊かでいい世界を織りなせるはずだから

人の感覚は、人の数だけの感じ方がある。 ただ、それを表現するための言葉には種類が限られていて。 かなり違う感覚の人同士であっても、使っている言葉が同じ...というのが常。 おかげで、いろんな行き違いや混乱や、誤解が生まれる。 かといって。 感覚の…

自作カードのためのケース、市販箱のアレンジで作っちゃおう

市販品ではない占い符のケース、どうしてます? 私は、大天使スピリットカードと「言縁占符」(ことよりせんふ)があります。 大天使カードは私の作ったカードで、今も、手元プリント。 当然、箱はありません。 これは、カードケースではなく、ジュエリーケ…

「カミサマをディスる曲」考 神は何一つ、止めようとはしていない

この話は、もう少ししてからじっくり書くつもりだったのだが。 現時点でも書けることは、書いておこうかなと。 何かというと。 カミサマをディスる曲 というのが、今、作られつつあり。 その元になった記事がありまして。 それが、こちら kasakoblog.exblog.…

書かずに、言わずに済ますより、書いて言って伝わらなかったという方がマシ...なのだ

文明の利器を使って、オンラインで遠く離れた人と会話できるようになった。 あるコミュニティで知り合った人たちがオンラインで公園やスナックを開いたり、教室を開いたりしている。 私も最近、少し積極的に人と話す機会を設けることにしていて。 そのために…

人間とは、かくも強欲で傲慢なものなのか

人間ていうのは、どこまででも傲慢になれる生き物なんだな、と思う。 龍や神獣たちなどは、当然のように使役していいと思っているようだし。 神仏の上に立っているような気にさえなっている人もいるようだし。 だから、わざわざ、「足るを知る」なんていう言…

他者目線と俯瞰視点 視点転換の可否だけではなかった「人に伝えられるスキル」

ブログのセオリー通り、結論から書こう。 他者目線の前に、俯瞰視点を持つ訓練をすべし。 他者目線の持てない人は、両腕を広げた範囲程度しか見えていない。 目に入っていても認識できていなければ、見えていないと同じことだ。 そして、俯瞰できるけれど他…

石を擬人化しすぎて感情移入しすぎている人たちに冒涜者だと言われた話

以前、とあるクローズな会の中で、クリスタルの粉末を絵の具に混ぜたい、ていう話をした。 そうしたら、後からその主催者のブログに「冒涜だ。ありえない。考えられない。すごくショック」って書かれた。 その人は石が大好きで、極端に擬人化した感覚で石を…

ヒトガタ封じという行を経て今に至る/見えない世界との付き合いは戒壇巡りに似ている

以前、ヒトガタの絵を禁止されていた時期があった。 辿ってみると、2014年の今頃だった。 禁止されたって、誰に?という話だが。 実在の人にでは、もちろん、ない。 見えない世界的圧力があったということだ。 最近じゃヒトガタでない絵しか描いてない感じだ…

自信がない?

自信がない、という言葉を久しぶりに使った。 自分だけのことならともかく、もしかしたら人に迷惑がかかるかも知れないことだったので。 けど。 なんだかんだ言って、「人に迷惑かかるかも」とか言う感情も、結局は自己保身が出させる言葉だ。 なんとなれば…

投げ銭をネット上でどうやって楽しく出していただくか→Amazon欲しいものリストを使え!

投げ銭と言えば。 帽子や箱に、通りかかった人からお金を入れてもらう「払う人が価格を決める」古来からあるシステムです。 売り手から値段を提示しない。 観客、参加者が「出したい」と感じた金額をつけられる。 出したくなければ、そのまま去ればよい。 合…

「苦手なこと」と「嫌いなこと」は、別モノ

「苦手なこと」と「嫌いなこと」は、別モノ。 苦手なだけなら、やり続ければ苦手ではなくなる時がくる。 嫌いなことは、好きにするのは難しい。むしろやり続けるほどに嫌いになる可能性が高い。一旦忘れて、忘れた頃に仕切り直すと案外ケロッと、好きになる…

だいたい50分、人とのおしゃべりに花を咲かせながら手が勝手にラクガキする実験で感じたこと

先日と今日、二回。 Facebookつながりの方達とオンラインでおしゃべりをする日を設けた。 もともとは違う目的のために設けた日だったのだが。 しゃべっている間の手慰みにラクガキをさせていたら、結局そちらで多々感じることがあったので、書いておく。 当…


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。