旧<緋呂の異界絵師通信>

2018.05 本拠地を新天地へ移しました

基準となるものが有限であることと、損得に神経質という民族的な思考の方向

日本は古くから農耕を主にして生きてきた民族の国。

きっと、だからこそ、日本人は「損をする」ということに神経質なのではないだろうか。

 

農耕する上で絶対に必要なのは、まず、土地。

この広さが、耕作量をほぼ決定する。

土地の質も影響は大きいが、それは改良することができる。

しかし、土地は、拡張したかったら人のものを借りたり譲り受けるか、まるで未開の場所を探し出して切り開くしかない。

集落の中で優良な場所が開いていることは無いから、人から譲り受けることができないならば、外へ出て行くしかない。

 

結局、「その囲いの中」において、「少しでも多く確保する」思考にならざるを得ない。

 

そんな、民族的な思考の向きってものが、あるような気がする。

 

 

見返りなく人に分ければ、自分が確保できる分が減るだけなので、損。

少しでも人より多く確保することができれば、得。

 

 

人口が減少し始め、家や土地が徐々に、余り始める。

そんな時に、「貨幣経済ではない時台」の兆しがハッキリしてきた。

損しないことが重要だった時代も、変わり始めている。

損か得かに左右されない価値観。

有限のものをいかに取り合うかではなく、必要な時だけ手に取り済めば放す。

決まった容積の中にどれだけ効率よく詰められるかではなく、どうやって次へ循環させていくか。

 

 

あらゆることの基準や指標が、今までの世界と変わりつつある。

平成が終わろうとしている。

次の時代に生まれてくる子達は、どんな世界を創っていくのだろう。

 

 

 

 

 

時代が変わっても受け継がれていくものもある。

今、この時に手にしたなら。

 

 

ーーーーーーーーー受付終了いたしましたーーーーーーーーーー

f:id:art-hiro-b:20180203234652p:plain

 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

【予告】春鳴窯を開きたい!あなたにご支援お願い企画2月16日スタート

自前の窯がほしい!

と、何度か記事にもしてきた。 

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

この記事を書いた頃妄想していた計画は、今ではずいぶん、変わってきている。

この頃の予算からは、ずいぶん規模縮小した。

それは、資金のためではなく。

小型の窯をまず入れることによって、「1個だけ焼きたい」を満たすためだ。

もちろん、自宅焼成できる大きさは限られることになるのだが。

それでも、よく作る造形品や絵皿の大きさを考えれば、それほど問題は出ないはず。

もしも大型のものや、大量に一度に焼きたいなどがあったら、その時は、二カ所ある工房のどっちかで、借りればいいのだから。

 

今はまず。

こまめに焼くことが大事だ。

 

そういう結論を出すことができたのは、YouTubeで陶芸についての動画を流している陶芸家の方のおかげ。

その方は、築炉をされていた実体験を元に、初心者は小型窯を使うべし、ということを教えておられて。

なるほど...と大いに納得したのだ。

 

大きな窯を最初から持てば、大は小を兼ねて何でも焼ける。

確かにそれは間違いない。

 

ただ、そのために電気の契約を変えて基本料金が大幅にUPしたり。

窯がある程度埋まるまでは焼きたくない(借りている二カ所の工房は、まさにそういう感じでサイクルが遅い)ということもある。

 

対して、私は?

この小皿一つに、金彩をほどこしたい。

この一つに、上絵付けして焼きたい。

新しい絵の具、釉薬を試したい。

一度ずつ焼成温度を変える実験をしてみたい。

などなど、「ちょっとだけを、何度も」焼く機会の方が多いはずなのだ。

 

だったら、サクッと、家庭用コンセントに刺せば使える小さい窯があればいい。

先輩の動画の通りだ。

 

そして、そのクラスの窯なら、予算も、手が届く。

 

 

けれど、窯を買うとなれば、必要な予算は窯本体以外にもけっこう、ある。

釉薬などの素材系は当然だが。

窯の中に入れる棚板の予備だの、成形後/素焼き後の素地を保管するための比較的丈夫な棚といった什器も様々必要になる。

 

 

でも私は、私の手から出てくるモノ達を、たくさん、世に送り出したいと思うのだ。

100円ショップででも買えるけれど、100円ショップには絶対に並んでいない陶器を。

 

「陶器」だが。

「魂の器」なのだ。

 

私の手を通して土に入り、熱と共に定着する。

「龍のカケラ」が宿る陶器。

それを、たくさんの手に渡したい。

 

f:id:art-hiro-b:20180204194028j:plain

この雲と勾玉の小皿は、どちらも私のオリジナル。

他では手に入らない。

絵付けされているからという話ではなく、型自体がオリジナルだからだ。

裏面には、いつも絵に入れている落款を押してある。

 

瀬戸の窯元さんから仕入れる型モノもある。

でも、絵付けした後一つずつ金彩を入れたり、より鮮やかな上絵付け後から加えて二度焼きしたり。

別の釉薬をかけ直して焼き直したり。

 

見えない世界から、その器を手にする人のために預かった「カケラ」を、一つずつ入れていくのだ。

それは、一度にたくさん焼成するとか、大量に成形するとかいった、効率を求める陶磁器とは、そもそも位置づけが違うモノでもある。

 

 

だから、やっぱり、どうしても。

窯を、自宅に入れたいのだ。

 

春鳴舎という屋号があって。

だから、うちは「春鳴窯」になるのだ。

 

春に鳴く...と書く、うちの屋号。

この立春に企画をオープンにする...と、前から決めていた。

 

 

春鳴窯を、あなたが共に、開きましょう!

手伝ってください。

少しずつ。

 

 

フレンドファンディングでご支援を!

ポルカというのを、ご存じだろうか。

昨今ではクラウドファンディングは当たり前になってきた。

その小型版と思ってもらえれば。

 

そこで、2月16日から、春鳴窯オープンのための費用支援を募る。

だから、もしまだポルカを使ったことがないなら、アプリをインストールしておいてほしい。

 

 

f:id:art-hiro-b:20180204192107j:plain

polca.jp

 

 

ポルカは、達成しなくても集まった金額は私の手に受け取れる仕様になっている。

だから企画が流れることはない。

リターンには、春鳴窯の初作品群となる「昇龍箸置き」をお届けする。

箸置きではあるが、ペーパーウエイトや筆置きにも使える。

 

実は。

まだ型も作っていない。

スケッチから型作り、粘土での成形の様子、素焼き、絵付け等々の行程は、支援くださった方にだけレポートとしてお見せする。

ブログ等でオープンに見せるのは、ほんの要所だけだ。

 

 

この企画。

スタートは、旧暦正月の2月16日。

ポルカはシステム上募集期間30日と決まっているので、終了は3月18日。

窯の導入は4月以降になる。

それまでに成形はしておき、窯が入ったらテスト焼成を経て、素焼き~絵付けして本焼き。

発送は、6月下旬を目処にしている。

 

 

緋呂の窯開きを応援ください!

 

f:id:art-hiro-b:20180204200616j:plain

今日は節分明日は立春。旧正月は16日で、旧晦日が最終日な「龍の茅の輪」受付は10日が最後

東洋の占術で、よく「節分で区切る」というのがある。

節分までは、前の年として考える。

節分翌日=立春から、翌年として考える。

 

たとえば今年なら、今日までの誕生日の人は「酉」と考えられ、明日からの人が「戌」と考えられる。

 

この区分は「二十四節気」だ。

 

国立天文台暦計算室の「こよみ用語解説」からの引用を貼っておく。

よみ用語解説 二十四節気 - 国立天文台暦計算室

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。
太陰太陽暦(旧暦)では季節を表すために用いられていた。
また、閏月を設ける基準とされており、中気のない月を閏月としていた。
全体を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けて、節気(せっき)と中気(ちゅうき)を交互に配している。

 

暦Wiki/季節/二十四節気とは? - 国立天文台暦計算室

二十四節気は季節変化を表す指標=太陽暦の要素です。 太陰太陽暦では二十四節気を使って季節が大きくずれないように調整します。 二十四節気を使うと年の途中でも季節のずれを修正することができます。このようなうるう月 (閏月) の置き方を歳中置閏といい、逆に言えばそのために二十四節気が考案されたわけです。 二十四節気の基点は冬至であり、古来より冬至を観測することで暦を正していました。

 

 

暦Wiki/太陰太陽暦 - 国立天文台暦計算室

 

日本は農耕国のため、雪解けとなり新しい耕作のサイクルが始まる春が重要視された。

立春、立夏、立秋、立冬のうち立春を最も重要とし、特にこの区分を「節分」と指すようになった。

正確には、節分は各季節ごとにあるわけだが、単に節分と言えば2月のこの節目を指す。

現代では、2月しか意識されないと言ってもよい。

 

この新しいサイクルの起算日を指して「新しい一年が始まる日」とも呼ぶわけだ。

 

太陽太陰暦の正月=1月(睦月)は、立春後に一番最初に来る新月の日のこと。

今年はそれが2月16日のため、この日が睦月朔日/1月1日となる。

現代人の感覚では、正月=元旦=1月1日なので混乱しがちだが、立春は旧正月ではない。

 

 

 

専門的な話になると、かなり複雑で難しい。

私もあんまり理解してない。

理解していないながらも、混同もしないように気をつけている。

(というか、混同しないよう気をつけるようになった。この数年で)

 

私は現代人なのでグレゴリオ暦による新年を、普通に新年として考える。

しかしながら、神ゴト的考えに沿う場合は、一年の起算とされる立春と、睦月朔日の両方で考える。

だから、氏神様やよく参拝する神社は普通のお正月に初詣する。

ご神事ではあるけれど、季節行事の感覚で。

そして、伊勢には立春後に行くことにしている。

季節行事ではなく、ご神事としての感覚に大きく寄って。

 

もちろん、このあたりは、現代においては単に個人的な流儀という域の話ではあるが。

 

 

実はこの話。

これからの私の「商品販売サイクル」に大きく、関わってくる。

詳しくは明日ご案内することになるが。

今後私は、朔を基準に作品販売を行っていく。

 

そして、明日の立春には、生まれて初めてトライする「皆さんにご協力を仰ぐ」巻き込み企画のご案内を予定している。

その企画の実働は、睦月朔日...2月16日。

 

 

 

そして、その前日までしか実施できない、この時期が終わったらもう二度と行われないと決まっているワークは、こちら。

受けられた方の家族、子孫まで守りが繋がるというワークは、とても希少。

 

ーーーーーーーーー受付終了いたしましたーーーーーーーーーー

art-hiro-b.hatenablog.jp

 

f:id:art-hiro-b:20180203234652p:plain

 


掲載画像、文章他の転載はご遠慮ください。引用の際は出展元の明記をお願いします。